FC2ブログ
2018年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.07 (Sun)

“心のユニフォームナンバー”

みなさん、こんにちは。

中体連、そして夏の甲子園予選も始まりましたね。
今年の3年生は…
中学校では…(そっか、拓真は山鹿を残すだけか…)三筑の巧と悠希乃。
6年生が3人の年、あったねぇ。

高校は…
いわゆる「那珂南クラブの第3期黄金時代」のメンバー達。
大地、つかさ、麻生、海、梅根、木村、川山かぁ…
(そもそも全国規模の大会は無縁だが)大きな大会は殆ど優勝でしたね。
思い起こせば、この年の讀賣チャンピオン大会から監督になったんでした。


みなさん思ってるでしょうけど…
まぁ、早いもんデス。

それぞれ、どんな“最後の夏”を迎えているのでしょう?
どんな立場で、どんな気持ちでいるのでしょうか?
特に高校は80人~100人規模の学校が多く、ベンチ入りすることすら難しい。
遂にはベンチ入り出来なかったり、自分の希望する背番号を貰えなかったり…
なかなか上手くいかないものですね。

私は監督という立場から…
背番号を渡す(決める)のも大変だと思いますよ。
だって、全員が頑張っているのだから…
汗、泥、時には涙にまみれながら、それでも頑張って来た連中に1番から20番までを振らなければならない。
結構辛い決断でしょう。
最終的には、実績やこれまでの貢献(精神的なものを含め)、将来的(翌年以降の体制)なものも加味して決めるのかな?
何れにしても辛いっすね。


先週、いや先々週の那珂南。
ご存知のように、レギュラーをケガで2人欠き、チーム状態はどん底。
「負けたい」ヤツは居ないだろうけど、「勝ちたい」ヤツもいない。
毎試合、ベンチから言う言葉も同じだし、ミスもレベルが低い。
毎回三振しているのに、試合に出るようになって半年以上経って、殆どヒットなんて打ったこともないのに、素振りしている風もない。
綺麗なお人形さんのような手をしていらっしゃる。

そこで…(笑)

「今週1週間、必死で素振りしろ!」
「来週の土曜日に手を見る」
「その時に“マメ”が出来ていなかったら、今の背番号に対してプラス10にする!」
「10番は20番、1番は11番、5番は15番 … 」

はっきり言って、今のメンバーで“自分のスイング”を持ってるのは介子だけで、他の子はバットを振るのがやっと状態。
“マメが出来ること”
それが目的ではないが、とにかく努力して欲しい。
「苦しい」「痛い」でやめるのではなく、もう1歩先に進んで欲しい。
それが「頑張る」「努力する」と言うことなのだ。
理屈や気持ちではなく、自分を追い込む必要があるのだ。

1年生や2年生に強く言うつもりはない。

いわゆるレギュラーと言われる、「背番号1桁」の連中に言いたかった。
楽して偉そうにしないで欲しい。
そりゃぁ、那珂南のユニフォーム着てれば注目してくれるだろうし、色んな人から声もかけられる。
いい気持ちにはなるだろうけど、それに相応しいプレーや練習をしてますか?
背番号に負けない努力をしてますか?

検査当日…(爆)

愕然としたね。
どうだろ? 2~3人いただろうか?
しかも、その2~3人は、多分以前からちゃんと素振りしてるんでしょうね、マメが古かったところを見ると。
新しいマメが出来ていたのは… 
楽だけかな?(それは選手掲示板でもわかるけど)

自ら進んで練習しない。
言われてもしない。

この集団に僕は必要なのか? と、思う。

確かに、あの1週間は色んな人に目撃されていた。
「最近、素振りしている子をよく見ますね!」
「那珂南の子はよく練習しますね!」

1日100回、全力でバット振ってごらんなさい。
1週間かからず、マメなんかすぐ出来る。

なんかね…
自分の中で「自分を越えられない」というか、「越え方を知らない」というか…
やっぱ、努力出来るのも素質だと感じてます。

逆に、背番号がプラス10になったとしても、たいして何も感じないのかな? とも。
そこまで背番号に対する思いがないのかも知れない。
16人しかいないのだから、5~6年は1桁番号になる。
自分で掴んだり、奪い取った番号ではないからねぇ…。



高校3年間頑張ったにもかかわらず、ベンチ入り出来なかった。
1桁が貰えなかった…
彼等のショックは、こんなしょ~もないブログでは書き表せない程だろう。
全てを犠牲にして来たのだから。

最後の夏
それぞれの立場で、精一杯やって欲しい。
自分に出来る事を自分のため、チームのために、思う存分発揮して欲しい。
そこまで頑張ったんだから
背番号なんて関係ない。
ずっと続けて来た自信と誇りを胸に、戦って来い。
それは「仲間を応援すること」かもしれない…



君たちの心には“君たちだけのユニフォームナンバー”が縫い付けてある。


08:31  |  未分類  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

心のユニフォームナンバー
いいフレーズだ、パクろう(*^^*)
ぼうず |  2013.07.10(水) 05:50 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。