2013年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.12 (Fri)

大っきくなったもんだ… 

(大昔の記載より)

ヘッドコーチにして親であると言うこと


あのね、監督…
僕も涙が出そうになりますよ。

監督、ありがとうございます。


何ですかね?
愛ですかね? 怒るのは…

自分の腹立たしさを紛らわすためですかね?
何で、俺の息子のくせに、「こんな事も出来ないのか!」って…
わかりませんね、自分でも。

でも、一つだけ言えるのは、
「これからずっと一緒に頑張っていく」ってこと。

大海に出て、“那珂南のスター”であっても、凄い奴は大勢いる。
ずっと試合に出られない時もある。
“自分の能力の限界”を感じる時がある。
みんな壁に当たる。

必ず一緒に頑張っていきますよ。だって、親だから…。
代わってやる事は出来ないけど、一緒に頑張る事ぐらい出来るから…。
悔しい時、一緒に泣いてやる事くらいできるから…。

だから監督、心配しなくていいですよ。

大地が、
「僕、このメダル… 見てるだけでも嬉しい!」
「だって、“おめでとう!”って声掛けられて首にかけてもらったとよ!」
(僕が、こんな嬉しくない3位は初めてや~って言った“メダル”を)

だから 監督。
僕も涙が出そうになりますよ。

スポンサーサイト
10:32  |  未分類  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.07 (Sun)

巧と龍を見に行って来ました。

皆さん(誰よ?)、こんにちは。

那珂南クラブは、昨日から来週の日曜日まで活動停止(大袈裟な…)
お休みにしました。
まぁ、雨多いし…、暑いし…、ん~。(爆)

日曜日(14日)は校区のソフトボール大会。
クラブの連中は、各町に分かれて戦う事になります。
大振り… 集中力の低下、怠慢…
何一つ良い事がないように言われる(クラブチームの子にとって)大会ですが、僕は全く“そんな事”思っていないんです。
ボールが遅すぎてタイミングが取れない…
などと、とんでもない声を聞いたりするが、「速い球も打てないじゃん!」と思う。(笑)
バッティングって、いいヤツは、速かろ~と遅かろ~と、ちゃんと打つわけだ。
大振りになる?
「大歓迎!(爆)」
違うスポーツをやるんならともかく、同じソフトボールなんだからねぇ。

スピードが遅かろ~と、ためて自分のバッティングをする。
相手(捕る人)の事(実力)を考えた送球をする。
1番になって大声を出す。
進んで重たい荷物を持つ。
全力疾走。

やるべき事は、クラブと全く同じ。
逆に、町内のチームで“それ”が出来ない子はクラブに居なくていい。
挨拶も同じ。

皆さん(保護者の方々)、見るポイントは“そこ”ですよ!
良い意味で、チームの中で目立っている事。
他の子と同じようなら、厳しく指導しましょう!
もう一度言います。
「育成だから」「クラブだから」は全然関係ありません。
同じです!
ただ、楽しくやる分は構いません。

今年も審判(無免許なのに…)するようなので、その辺見ときます。
普通に考えたら、クラブの子が7人もいるJRが優勝するんでしょうね。
しなきゃ、おかしいでしょ?(爆)



で、今日がオフになったので…
(掲示板の方で“なら”が孤軍奮闘する中、風を読んだOB保護者が色々と投稿してくださってる事もあり…)
OBらの活躍を見に行くこととした。

先ずは「三筑中学校」
中体連の1回戦は強敵の「じぎょうかん(すみません、漢字が…)」でした。
巧には全く似合わない「背番号1」でしたが(笑)、結構ボールも走ってて、3回まで0点に抑えていました。
先生…、ピッチャーさせるんだったら、僕も育て方があったのにぃ~(爆)

四球や野手のミスも重なり4回~5回で4失点かな?
一つひとつのボールは良いんだけど、リズムが悪いっていうか…
全体的に高めにしかいってなかったのも外野まで飛ばされる原因ですね。
若いカウントをスライダーでストライク取れれば、あと1回ぐらい抑えられたかな?(笑)
まぁ、いいものを見せてもらいました。
伊藤君は「3回で替えてくれないかなぁ~」なんて言ってましたが…
僕も息子が投げる時は、いつもそう思います。

打つ方は…
ノーコメントで!(爆)

そうそう、途中からトミーが出てきました。(ニコニコして)
交代早々ライナーが飛んできましたが、無難に(爆)捕球していました。
(と、いうか落としませんでした 爆)

まぁ、来週「敗者復活戦」があるらしいので、切替えて頑張って欲しいものです。

最後に、お前達はもぅ~
「負けている時に、簡単に初球を打つなって!」
「大事なランナーなんだから、注意しろって!」



で、桧原球場に移動して…(暑かったケド)
ヶ丘の応援に行ってきました。

龍は2番着けてるけど、レガースやプロテクターをしていない。
ノックにも入らない。
ん?
どした?  故障?
なんと、先発ピッチャーでした。(笑)
先生…、ピッチャーさせるんだったら、僕も育て方があったのにぃ~(爆)

坂本家にピッチャーがいるはずがない。
龍が投げれるはずがない…
しかもヘラヘラしてるし。

もろキャッチャーがバッティングピッチャーをしているような投げ方で…
球速は… 120キロチョイ超したくらいかな?
スライダーはちょっと良かった。
ストレートで内外角ともにストライクが取れるのがいいですね。
投球リズムも良く、野手も守り易いと思います。
ただ、ランナーがいる時の微妙なコントロールかな?
縦の変化球もあれば、完投できそうだな。
時々…(と、言うより頻繁に)、急にクイックで投げて、打者のタイミングを狂わす投球。(爆)
あれって、流行ってるの?
姑息だ… 実に姑息だ!(個人的には好きだが 笑)

5回まで、あの柳川を0点に抑えたからねぇ。
立派、立派。
だって、あの“龍”だもん!
時々、ガッツポーズもするけれど、坂本家には似合わない。(爆)

変わってないのがバッティング。
「内野フライ」(これは“真”か!)
「ポコッ」って音がした。
残念だったのは、デットボールが見れなかった事。

でも、全般的に落着いて見えました。
「自信」っていうか… 横着っていうか。(笑)
キャッチャーに替わってからの、リードやキャッチングもたいしたものです。
数回、ランナーが居る時に、座ったまま返球した。
不満な点はそれぐらい。

まぁ、最上級生になって間違いなくチームを引っ張る存在となるでしょう。
勉強と両立は厳しいかもしれませんが、両方とも頑張れるヤツだと思いますし、期待しています。



三筑ソフトも見たいし、高校野球の方は見たい試合ばかりです。
ただ、全部は行けない。
悲しいかな全員見るわけにはいかないのです。



その場所にいなくても、心の底から応援している。
楽しみにしている。



20:48  |  未分類  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.07 (Sun)

“心のユニフォームナンバー”

みなさん、こんにちは。

中体連、そして夏の甲子園予選も始まりましたね。
今年の3年生は…
中学校では…(そっか、拓真は山鹿を残すだけか…)三筑の巧と悠希乃。
6年生が3人の年、あったねぇ。

高校は…
いわゆる「那珂南クラブの第3期黄金時代」のメンバー達。
大地、つかさ、麻生、海、梅根、木村、川山かぁ…
(そもそも全国規模の大会は無縁だが)大きな大会は殆ど優勝でしたね。
思い起こせば、この年の讀賣チャンピオン大会から監督になったんでした。


みなさん思ってるでしょうけど…
まぁ、早いもんデス。

それぞれ、どんな“最後の夏”を迎えているのでしょう?
どんな立場で、どんな気持ちでいるのでしょうか?
特に高校は80人~100人規模の学校が多く、ベンチ入りすることすら難しい。
遂にはベンチ入り出来なかったり、自分の希望する背番号を貰えなかったり…
なかなか上手くいかないものですね。

私は監督という立場から…
背番号を渡す(決める)のも大変だと思いますよ。
だって、全員が頑張っているのだから…
汗、泥、時には涙にまみれながら、それでも頑張って来た連中に1番から20番までを振らなければならない。
結構辛い決断でしょう。
最終的には、実績やこれまでの貢献(精神的なものを含め)、将来的(翌年以降の体制)なものも加味して決めるのかな?
何れにしても辛いっすね。


先週、いや先々週の那珂南。
ご存知のように、レギュラーをケガで2人欠き、チーム状態はどん底。
「負けたい」ヤツは居ないだろうけど、「勝ちたい」ヤツもいない。
毎試合、ベンチから言う言葉も同じだし、ミスもレベルが低い。
毎回三振しているのに、試合に出るようになって半年以上経って、殆どヒットなんて打ったこともないのに、素振りしている風もない。
綺麗なお人形さんのような手をしていらっしゃる。

そこで…(笑)

「今週1週間、必死で素振りしろ!」
「来週の土曜日に手を見る」
「その時に“マメ”が出来ていなかったら、今の背番号に対してプラス10にする!」
「10番は20番、1番は11番、5番は15番 … 」

はっきり言って、今のメンバーで“自分のスイング”を持ってるのは介子だけで、他の子はバットを振るのがやっと状態。
“マメが出来ること”
それが目的ではないが、とにかく努力して欲しい。
「苦しい」「痛い」でやめるのではなく、もう1歩先に進んで欲しい。
それが「頑張る」「努力する」と言うことなのだ。
理屈や気持ちではなく、自分を追い込む必要があるのだ。

1年生や2年生に強く言うつもりはない。

いわゆるレギュラーと言われる、「背番号1桁」の連中に言いたかった。
楽して偉そうにしないで欲しい。
そりゃぁ、那珂南のユニフォーム着てれば注目してくれるだろうし、色んな人から声もかけられる。
いい気持ちにはなるだろうけど、それに相応しいプレーや練習をしてますか?
背番号に負けない努力をしてますか?

検査当日…(爆)

愕然としたね。
どうだろ? 2~3人いただろうか?
しかも、その2~3人は、多分以前からちゃんと素振りしてるんでしょうね、マメが古かったところを見ると。
新しいマメが出来ていたのは… 
楽だけかな?(それは選手掲示板でもわかるけど)

自ら進んで練習しない。
言われてもしない。

この集団に僕は必要なのか? と、思う。

確かに、あの1週間は色んな人に目撃されていた。
「最近、素振りしている子をよく見ますね!」
「那珂南の子はよく練習しますね!」

1日100回、全力でバット振ってごらんなさい。
1週間かからず、マメなんかすぐ出来る。

なんかね…
自分の中で「自分を越えられない」というか、「越え方を知らない」というか…
やっぱ、努力出来るのも素質だと感じてます。

逆に、背番号がプラス10になったとしても、たいして何も感じないのかな? とも。
そこまで背番号に対する思いがないのかも知れない。
16人しかいないのだから、5~6年は1桁番号になる。
自分で掴んだり、奪い取った番号ではないからねぇ…。



高校3年間頑張ったにもかかわらず、ベンチ入り出来なかった。
1桁が貰えなかった…
彼等のショックは、こんなしょ~もないブログでは書き表せない程だろう。
全てを犠牲にして来たのだから。

最後の夏
それぞれの立場で、精一杯やって欲しい。
自分に出来る事を自分のため、チームのために、思う存分発揮して欲しい。
そこまで頑張ったんだから
背番号なんて関係ない。
ずっと続けて来た自信と誇りを胸に、戦って来い。
それは「仲間を応援すること」かもしれない…



君たちの心には“君たちだけのユニフォームナンバー”が縫い付けてある。


08:31  |  未分類  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2013.07.01 (Mon)

1行1行、噛みしめてみよぉ~っと!

(face bookでお馴染みの…)


正範語録


実力の差は努力の差

実績の差は責任感の差

人格の差は苦労の差

判断力の差は情報の差


真剣だと知恵が出る

中途半端だと愚痴が出る

いい加減だと言い訳ばかり


本気でするから大抵のことはできる

本気でするから何でも面白い

本気でしているから誰かが助けてくれる






21:22  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。