2013年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.21 (Thu)

「待て」の美学

WBCでしょ?
「ダブルスチールしてもいいよ!」のサイン…

鳥谷の盗塁もそうだったけどねぇ。

ダブルスチールの場合…
ファーストランナーは、遅めのスタート(セカンドランナーを見ながら)でいいわけだ。
だって、キャッチャーはセカンドランナーが見えるし、ホームに近いランナーなんだから、100%に近い確率でセカンドランナーを刺しに行くのだから。
まぁ、彼等はプロだから…
もっと深い意味や戦術だったのだろうけど。

ダブルスチールと言えば…(笑)
昨日の吉塚戦。
初回にまさかの4失点の後。
3回の攻撃だったかなぁ?
1アウトで3塁1塁。
吉塚さんタイム。

イルカさんは、どんな作戦を授けたのだろう?
たいていのチームは、無条件でセカンドベースを渡すか、セカンド送球と見せかけてピッチャーに返球し、飛び出したサードランナーを刺しにいく。
那珂南は、迷わずサード送球して、上手く行けば「ボーッとしているサードランナー」を刺しにいく。(爆)

さて… 考えられる事は?
①前進守備のショートに投げて、飛び出たサードランナーを刺す。
②ファーストランナーを挟んで、様子を見てバックホーム。
③4点差だから、1点やっても良いから、ファーストランナーを必ずアウトにして、2アウトランナーなしの状態にする?

どうだろ?(笑)
①と②はプレーの結果だから…
③の場合
攻撃側の作戦はどうだろ?
残り2イニングで少なくとも4点取らなければ負けるわけだ。
だから、とにかく点が欲しい。
いかにアウトカウントを増やさずに点を積上げるかにかかっている。

那珂南のファーストランナーは…
フラフラ走って、あえて挟まれる道を選んだ。
選んだ道も違うが、走力も乏しく…(爆)
まんまと、2アウト3塁~ 凡打でチェンジ。
最悪なストーリーとなった。
まぁ… 那珂南の中でも一番野球をわかっていると思ってる子がそのレベルなんだから…
(挟まれて欲しい時には、ちゃんとサイン出してるのに…)

自分が、どんなランナーなのかが分かっていない。
点差、イニング、アウトカウント…
3-2でスタートしない子、2アウトからフライで帰塁する子、なんの保障もないのに取りあえずオーバーランする子。
なかなか治らないねぇ。

点差があるのに送りバント?
負けているのに盗塁?

ややもすると、僕は選手の積極性を潰している。
典型的なものが「待て!」だ。
1番、3番、4番以外は、先ずボールを見せる。(見せると言う意味では、現実的には見てない子が多いが…)
初球がボールなら、間違いなく2球目も「待て」だ。
3回以降、負けている展開の場合は、100%の確率でそうする。
だいたいの場合、世の中そんなに甘くはなくて(爆)、格段に不利な状況でヒッティングに変わるけど。
そりゃぁ1球目か2球目がヒット打てる可能性が高くて、1球目がボールだと、更に確率が上がる事は分かっているんだけど…
出塁の確率(ヒットか四球か?)がどっちが高いかと、その子の実力や状況から考えると…
いや、ヒットも四球も、その両方の確率が上がると思っているんだけど…。

「待て!」が多いから、バッティングが上達しない。
いつも追い込まるから、当てるだけのバッティングになる。
何よりも、積極的な気持ちがそがれる。
わけだ!(笑)

「待て」
その… なんて言うか… ジスボールが…
積極的な「待て!」って言うか…(笑)
「次に最高なバッティングをする為の“準備の1球”」って考えられないだろうか?
「打つな!」ではなくて、「準備、確率を高めるためにひつような1球」

(うちの子の)殆どの場合は、ただ見逃すだけ。
タイミングを合わせるわけでもなく…
どうかすると、体も動かさなかったり、セーフティーの構えをしてみたり。

じっくり話してるつもりなんだけどなぁ?
なかなかイメージすら伝わらない。

そもそも論で(笑)
やってる事自体が間違っているのかも知れない。

ビビリだの
使えんだのと、思うようにならない選手を責めるより、もう一度考えてみよう。
勉強してみよう。
延々と走らせたり、バット振らせたりする前に、自分が痩せろ! っちゅう話だ。
自己管理も出来ないのに、子供の管理ができるはずもない。


スポンサーサイト
22:28  |  未分類  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.09 (Sat)

さすが、WBC!

超、久し振りの午前オフ。

会社で…(笑)
「遊び人のような髪型」と言われたんで(それも偉い方に)、髪切りました。(爆)
まぁ、特に何を目指したわけでもなく、着陸地点も見えなかったから…
ただ、短所を捨てて…(笑)

WBC… って言うか、野球って凄い、最高!
昨日のゲーム、うちの選手達は見ただろうか?
古田と工藤の解説を聞いていただろうか?
気持ちの入ってない練習するより、よっぽど勉強になる。

井端の集中力、精神力。
WBCの初戦から、井端を2番で使え! って各所で言われてましたよね。
右打ちばかりで、魅力ないかも知れないし、派手さもない。
“ここ一番”
ん~、素晴らしい。
空振りして追い込まれても、慌てないしボール球に手を出さない。
鳥谷にも同じ事が言えますね、追い込まれてからが凄い。
ピッチャーが、あと1つのストライクを取るのに四苦八苦していう中で、四球や進塁打、ヒットまで打つ。

坂本が三遊間に打って、ショートがはじいた時の糸井の走塁見ました?
まぁ、3塁でアウトにはなったけど、1塁ランナーだからねぇ。
(レフトに)ホームに投げさせない為に、多少無理して… も、あったかも知れない。
スライディングの時もスピードが全く落ちない。
さすがプロの走塁だなぁ と、思いましたね。

最終回の鳥谷の盗塁!
あれにも驚いた。
あの作戦は僕の中にはないな…。
ピッチャーを研究し尽くしたプロならではの作戦なのかな?
凄いなぁ…。


改めて、野球って面白いと思うし、感動した。



まだまだ勉強だな…。


ってか、このムードの乗っかって、部員増やしましょうね。




10:26  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.03.04 (Mon)

春季リーグを(適当に)予想してみる

まぁ、スポンサーサイト予防 みたいなアップだけど。(笑)
しかし…2ちゃんねるにも困ったもんだ。

いや、アンフェアって、北乃きい がいいかなぁ…

いえいえ、今日は春季リーグの話で…

一年が経つのは早くて、ぼ~っとしてたら3月。
昨日より春季リーグ戦が始まりました!
ほら、目標はいつだって5位以内でしょ?
今年はどうだろね。
5年くらい遡ってみると…
5位、5位、2位、2位、5位、5位、優勝、2位、12位、4位

次郎丸さんとタートルさんがお休みなので、22チームの戦い。

勝手に予想してみるか!(爆)

優勝争いは…
やっぱ、吉クリかなぁ?
ピッチャーが計算出来るのは大きいし、なんやかんやで点入れるし…(笑)
最終回に点入れる なんて言うか、精神的な強さがある。

清道さん
選手層の厚さは馬鹿に出来ないし、練習量・質共に№1。
ツボにハマッた時の打線は手をつけられない。

アジアの雄、千早西さん
クローンのように次々と似たようなピッチャーが出て来る。
しかも、毎年素晴らしい。
現場スタッフも充実してる。

愛好さん(ユーラシア大陸王者)
今年対戦した事がないが、強そう!(笑)
伝統の機動力ソフトは健在なのか?

4チームに続くのが、新チームで着実に結果を残している「香椎東さん」「七隈さん」あたりかな?
5年生中心の「原田さん」も侮れないし、「老司さん」のピッチャーも良いみたい。
博多区大会3位の「板北さん」、「八田さん」も入れとかなきゃ!(爆)

優勝ラインは、2敗… ん~、春だから3敗くらいまで下るかも?
どうだろうね? 那珂南。
5位以内… 微妙だな。


残り20試合。(爆)


くだらない予想より


散髪行かなきゃ!(笑)




福岡ボーイズ 全国大会出場 おめでとう!






22:43  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。