2012年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.28 (Sat)

「好き」にもいろいろあって…

「うちの子は那珂南クラブが好きで、喜んで練習に行っています!」
ありがとうございます。
それはそれで嬉しい事であります。

私が集めたい(指導したい)のは、野球が好きな子だ。
自分が上手くなる事に貪欲であり、誰にも負けたくないという根性のある子だ!
強いチームと那珂南のどこが違うのか?
高打率の選手はどんな打ち方をしているのか?
熱心に研究し、それに自分を近づける努力をする子だ。

「憧れ」
とても大事なことです。
「僕は内川選手のファンです!」
内川選手の何を見ているのだろうか?
チャンスで打つから…

ケースや調子に合わせての長打狙いや右打ちに気が付いているだろうか?
ウエイテイングバッターサークルからバッターボックス、ピッチャーが投球動作に入ってからのタイミングの取り方等々、興味深く観察しているだろうか?
野球誌を購入して、普段の生活や心がけている事、練習方法など調べているだろうか?

「好き」にも色々ある。
その人のプレーに近づく努力をする。
その人について勉強する。

那珂南が好きです!
そりゃぁ、1日中友達はいるし、淋しい思いもしない。
たまに勝ってメダルも貰える。
適当に(何の目標もなく)打って投げて走って…
いつの間にかレギュラーになっていて…

まぁ、小学生のソフトボール生活は楽しいでしょうね!

とにかく野球が好きで好きでたまらない!
好きな選手の一挙一動、使っている道具隅々にに至るまで注目する。
自分がその選手になった如くテレビに入り込む。
その位ないと、上達しない。
いわゆる「使える選手」にはなれない。

と、僕は思っている。






スポンサーサイト
17:25  |  未分類  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2012.04.26 (Thu)

そうだ、元気ですよと応えよう!

はいはい、お久し振りです。
ブログ更新していない… より、1ヶ月以上更新されていないブログに登場するスポンサーサイトが話題になっております。

忙しいっていうより…
なんだろ? 充電? 単なるサボリかな?(笑)

地味に色々あってます。
ゲームは全く面白くなく、相変わらず寝ている方が多いですが、ポイントは抑えてる。(笑)
結果だけ見ると、選抜九州大会は3位だし、全国は県大会に出場出来る。
世の中には、うまく説明出来ない事がたくさんあって…(笑)
勝つ事も出来ます。(勝たせてもらってます。)

ただし、リーグはご案内の通り「低空飛行中」であります。
11位とか12位とかかな?
「あんたんとこ、もう少し下におらんと、“秋の躍進賞”もらえんよ!」
(爆)、いらん世話である。

ど~して勝てないか?
理由は簡単。
掲示板にも投稿したが、選手の意識がない(あえて、“低い”ではなく)からだ。

ボールカウント考えないでバッターボックスにいる?(笑)
まぁ… 「打て」「待て」は全て指示出す(起きてる時は)から大丈夫だけど。
バントの構えするとか、スイングをコンパクトにするとか…
ほら、今年の那珂南にそんな子いないでしょ?
いつも、いつの時でもフルスイング!(笑)
確かに、そう教えてきましたよ、1月~2月はね。
今の時期、三振が痛いわけですわ。

勿論、ってか、塁上のいわゆる「走者」になると、もっと無関心。
これが困る。
普通 2死3-2のフルカウントはスタート切るでしょ~。
追い込まれたら、打つ可能性の方が高いんだから、若いカウントの時より強く、大きくスタート切るでしょ…
ランナー1塁の外野フライで、万が一ポロッとしたら1点も可能なのに。

今何回(イニング)か? 何対何か? を考えていない。
最悪です。
冗談抜きで、試合が終わっても、まだベンチに帰って来る。(爆)
「絶対やったらダメな1点」「1点やってもアウトカウントが1つ欲しい場面」「盗塁があるかないか?」「バントするかしないか?」
それらは全てイニングと点差によって決まるのに…。
それが頭に入ってないから、ムダな動きが生まれ、ムダな点を献上する。

相手のチームの事を知らない。(勉強していない)
ピッチャーで勝ってるチームなのか、打撃が売りなのか?
誰に長打があって、誰の足が速いのか?

当然必要な(悪くない)四球もある。
結局1点やらずに3アウト取れば良いのだから。
逆に、ランナーを貯める事の方が悪い点差もありますね!

何点差もある終盤に、たとえノーアウトであろうが、送りバントする可能性は極めて低いだろうし…
「ランナーが走るかも知れない…」と、頭にあるだけで刺す可能性が上がるわけだ。
塁上の動きを見ていれば、カウントによっては牽制で刺せそうだ。

見るからに力のなさそうな(低学年)バッターに難しいボールを投げて四球を与えるような馬鹿な真似も困る。
ど真ん中に3球投げればいいのだ。
相手の打順を考えて…
要は1点やらずにアウトが3個取ればいいのだから。
一番打つ子に回さない努力も必要ですね。
ちゃんと抑えれば、2回しかまわって来ないわけだから、つまらない四球や不用意な投球でランナーを出し、3順目を提供する事はないのです。
ホームランバッターの前にランナーを出さないのも鉄則、定石? 
失点は1点でも少なくしなくっちゃ!

相手の打順を考えて守るって、凄く大事ですね!


でも、1点でも貪欲に取りに行く。
1点を与えない(失点を1点でも少なく…)。

少なくても、上記くらいは意識しておかないと…
勝ちにはつながらないって事ですよ。
逆に言うと…
な~んも考えないで試合している連中は、「勝つための努力していない」と言われても仕方ないって思います。



しばらく、この辺を徹底して行こうかと思います。
ってか、今頃それかい? って感じですけど…
子供がわかりゃな(指導者が)言え! って声も聞こえそうですがね。(笑)

確かに仰るとおり!
大変遅くなりましたが、これから始めます。


たぶん、「うっつ~」が!(爆)


19:49  |  未分類  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。