2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.29 (Tue)

オールスタードリームマッチ福岡2011 について

ご無沙汰しております。
小林薫(NHK:カーネーション)は相変わらず最高です!

さて、「オールスタードリームマッチ福岡2011」のお話です。
皆さまのおかげをもちまして、見事3連覇達成することができました。
今年は17チーム参加のトーナメントなので… 5試合。
ちょっと多いかな?
疲れました…(笑)

「勝ってあたりまえ」「勝たない方がおかしい」etc
まぁ、毎年のことですが、そのプレッシャーとの勝負なんですわ。
最優秀選手とかより、勝利監督賞を作るべきだとおもいますよ、マジで!
その重圧といったら、選手達の比ではない。(賞品は時代遅れの感もあるモンクレールのダウンで!)
だから、監督も持ち回りが良いんじゃない?
子供達と一緒で“いい経験”になると思うんだけど。

今年はね…
ほら、あれだけのタレントが揃ってたでしょ?
しかも3回も練習したし。
接した時間が長いって事は、かなり性格的なものも見えて来るわけでして…
性格って、かなり重要な要素で「ここ一番に使える子かどうか?」を判断します。
頭がいい(機転が利く)子、ピンチに冷静な子、本能だけでプレーする子、気配り目配りが行き届いた子…  それぞれが、チームの中にバランス良く居れば最高です。
気の弱さで実力が発揮出来ない子、間違った選択をする子、自分勝手なお天気屋さん…
全てがお互いを刺激しあって能力を高めて行くわけですからね。
それが「代表チーム」の目指すところなのですから。
怒ってみて…
褒めてみて…
冷たくしたり、優しくしたり…
接する時間が多ければ多い程、適切な選手起用が浮かんで来たような気がします。

試合ですか?
打ち勝った試合もありましたし、守り抜いた試合もありました。
MVPに輝いた『那珂南のエース君』も、この大会で成長したと思います。
確かにキャプテンシーはないかもしれないけれど(爆)、精神的な強さが目立ちました。
2試合の先制打と2試合完封! ホームランも打ちました。
『美野島のエース君』も随所で大活躍!
打って守って走って… 彼をセンターに置いたことで、外野の何処に打っても抜けない感じでした。決勝戦の最後にピンチになったら、間違いなく彼を出そうとしたくらい信頼していました。
一方、『千早西のエース君』は大ピンチで登場させてしまいました。(笑)
最高に楽な場面で、気持ちよく投げてもらう予定だったんだけど…
不運な打球が続いたもんだからねぇ、「まぁ… いいか、出しちゃえ!」って。(爆)
顔は気弱そうだけど、結構いい心臓してますよ、近藤監督!
フレンドの森福ですって!  バッティングもシャープだし、足も魅力的な子です。
『泉のエース君』は、最後まで登板がなかった(途中本人の希望もあり)ですが…(笑)
しぶとい打席でした。(爆)
死球、死球、四球… 死球(大爆)。
出塁率10割の男ですもん!
残念なことに練習の時に見せていた鋭い打球は影を潜めましたが、チームへの貢献は大きかったっす。
『南片江のノッポ君(エース君)』 … 不思議な少年でしたね!
自チームでも人気者なんだろ~なぁ。
一番怒り上げたけど(笑)、ニコニコして付いて来た。
完全試合ペースで好投してたのを変えたのも、いきなりファーストで出したのも、ゴメン、俺のウケ狙い(爆)。
投げてる時は無表情なんだね、ナイスピッチング!
決勝戦の当たりも凄かった!(少し横なら絶対ホームランだった)
『清道のエース君』の先発は1週間前から決めていました。
噂に聞いたチキンな性格は少し心配もしましたが、我フレンドシップリーグの秋優勝投手なのですから!
大事な初戦は“清道バッテリー”と決めていました。
内外への抜群のコントロールとチェンジアップは圧巻でしたし、明るい性格はベンチのムードも高めました。(バッティングを除けば100点です 爆)

キャッチャー陣は…
『清道の2番君』は4番バッターで活躍しました。
多少インコースはさばけないものの(笑)、レフト方向への力強いバッティングは彼の特徴ですかね? これからの野球人生で、もっともっと伸びると思いますよ彼は。
2日目は外野で使う事が多かったけど、キッチリ働いてくれました。
『南片江のキャッチャー君』もサードや外野で使う事が多かったですね。
初戦は熱があるのにスタメンで使っちゃいました。(神田監督に怒られるぞ!)
最近自分でも自信がついてきたと言ってましたけど、確かにセンター方向にシャープに打ち返します。キャッチャーだって、やっぱり南片江のエースが投げる時には彼じゃないと心配でした。万全でない体調の中、2日間ありがとう。
『ピッコロ』でしょ?(笑)
流れを完全に断ち切ってしまう三振、振り逃げのチャンスも走らない…
わかるでしょ? 僕のイライラ(爆)
でも、何かやってくれそうな雰囲気がある。(ただし、いつも裏切られる)
ただ、あいつの肩は本物だし、ピッチャーを気遣う優しさもある。
那珂南でもそうですが、大事な場面で必要な選手の一人です。

内野手もバラエティーに富んでいました。
『東月隈のファースト君』って、フライ捕るのが苦手だったの?(笑)
決勝戦の背面キャッチをデビルが褒めていました。
1回戦でいきなりバント失敗した時は「やっぱりダメかぁ~」と、僕らをガッカリさせましたが、「絶対に三振しないぞ!」と、速球に食らいつく姿は伝わって来たし、堅実なプレーは見ていて安心出来たぞ!
『鶴田のセカンド君』は悩んでましたね。
僕の指示する守備位置が自チームと違うものだから…
まぁ、守備位置って何が正しいか分からないし、彼ほどの走力があれば、後ろ目に守らせても良かったかもしれない。
本当はバントなどの細かいプレーも上手なのでしょうが、上手く引き出せてあげられなかった気がします。
申し訳ない… 都合よくあっちこっちで使わせてもらいました。
『吉塚のショート君』は、唯一、全試合、全イニング出場じゃなかった?
職人技というか天才肌というか… 数々のプレーに驚かせられましたよ。
教えた翌週からバックトスしているし、決勝戦のバント成功後にセカンドランナーを刺したプレーなんて、実に“らっこ風(爆)”
バッティングは…
親父同様に“ナイター向き”って整理でよろしいですかね? イルカさん。
『次郎丸のショート君』次郎丸に、こんなバッティングする子がいるなんて知らなかった。(笑)
チーム伝統の守備は無難で面白くないけど、バッティングは驚いた!
クリーンアップでも良かったみたい。
『清道のサード君』って、ホントに故障中?
壊すわけにはいかないんで、使うのも我慢してましたけど…
ベンチに置いといても、人一倍動き回るもんだから、可愛そうで(笑)
でも彼がサードに入ると内野の雰囲気が変わります。
その位存在感がありますね、彼。
決勝戦の先発はね… 最初から決めていたんだよ。
『那珂南のマイちゃん』も紅一点(いや、紅といえるか… 爆)頑張りました。
右中間の特大ホームランも凄かったし、つべこべ言わず、迷い無く男の子に入っていくピュアな真愛は見ていて可愛い。


正直、プレッシャーはありましたが、不思議と負ける気はしませんでしたね。
去年の大会は「来年絶対しね~ぞ!」と思いましたけど。
練習を重ねたおかげで、僕と選手が近かったように思える。
選手起用にも自己満足!(笑)

そうそう…
『高山監督(今回はコーチ?)』って、意外と細かい。(繊細? 緻密?)
ケースに応じた走塁や打順の決定等々、「深いねぇ~」と、僕を唸らせる。
指導方針や守備体制… 色んな点で僕とはやり方や考え方が違うのでしょうけど、ニコニコ納得してくれました。
是非来年は監督として力を発揮してもらいたいと思います。(笑)
『高倉コーチ』は、僕の長男の1つ年上で、子供みたい。
何を言っても感動して聞いてくれるので、かなり話しやすい!(爆)
ベンチやランコーでムードを高めてくれました。
選手と監督を近づけた“影の功労者”と、高く評価しています。
『大塚スコアラー』の文字は、大きくて濃くて…(爆)
少し離れた場所から見ても読める気がした!
ストライクやボールを5球くらい書くと、余白がなくなってましたからねぇ…
ピンチになったら僕の手を握って応援してね! と言っていたのに、奴らったらピンチも作らないんだから。(笑)

ベンチもそんな感じでしたから、2日間楽しく過ごせました。
ここん所、全く勝ててない“らっこ監督”に勝利のオーラを取り戻してくれました。
本当にありがとうございました。

「油布さん、本当にたのみますよぉ~、遊んだりしないでくださいよぉ~」と、一番僕にプレッシャーをかけてきたデビルや、「ふんっ! 勝って当たり前なんだからね!」って感じで怖いオリーブ
心配してちょこちょこベンチを見に来てくれた近藤監督

いろんな方々に支えられてます。
最近、ちょっとガッカリしたフレンドシップリーグ…
もう少し愛してみようかと思ったりもしてます。(昨日くらいから 爆)












スポンサーサイト
21:24  |  未分類  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.07 (Mon)

また雨かいな…

カーネーション見てます?
小林薫… 最高です。(爆)

しかし、恨めしい雨だこと。
リーグ戦だよ、リーグ戦。
あと4試合…
原田さん、板北さん、東月隈さん、清道さん。
1日じゃ終わらないな。
かと言って、12月までは…
まぁ、大変ですわ… デビルが!(笑)
「しらうお杯」も、不思議に勝ち残っていますが、諸事情ございまして、ここまでとさせていただきます。
本当に申し訳ないです。
筑前リーグの方々があんなに頑張って続けている大会なのに。
失礼極まりない。


オールスタードリームマッチが近づいております。
15人の選手達が決定したみたいですね!
毎年ですが…
これがとても辛い仕事でして…
東区連盟とのオールスターに出場した25人の中から(いや、それ以外からでも可)、15人の選手を決める!
そりゃぁ、25人全員が自チームの看板選手なのだから大変。
それぞれ実力者のあつまりなのだからです。
実際、2~3回練習をやりましたが、実力差なんてない!
全くないのです。
3回打てば、1回はボールを芯でとらえる連中…

何人か選考委員(監督・コーチ)みたいな感じで、色んな意見を集約して15名に絞り込むんです。
僕は「東区連盟~」を見ていない。
だから、対戦や観戦したイメージと練習の内容で決めました。
ポジション別もある…
ピッチャーが4人も5人もいらないわけですよ、いや、キャッチャーにしたってね…
バッティングが良いからと言ったって、ポジション動かしたとしても、そこには同等のプロフェッショナルがいるわけです。
また、4番打者ばかりも要りません。
バントも必要な戦いだし、足は、最高な武器となる試合展開になる事は間違いありません。
リーダーシップ、ベンチでの雰囲気づくり… 
決して、速い球を投げる、ボールを遠くへ飛ばす だけで選べないのです。
悲しいかな15名。
「優勝」するためには、今回17チームの参加だから、4試合になるのかな?
ピッチャーが(連戦や怪我等を考えて)3人~4人とすると、残りは11人ですよ!
キャッチャーも怪我を考えると最低2人いる。
内野と外野でレギュラーが7人いるから…
残りは2人…
そんな感じなんですわ。
どれだけ難しいかがわかると思います。
だって実力差がないのだから。(爆)

何れにしても15人が決まった(決めさせていただいた)わけです。

頑張って欲しいですね。


って、さて本当に言いたかった事…

ここまで書いたけど…(笑)

オリーブが掲示板に入れてくれたようなので、そっち見てください。

全く同感!

それ。






21:30  |  未分類  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.05 (Sat)

オフ会上映DVD

オフ会お疲れ様でした。

今日は雨で大会中止のチームも多いことでしょう。
お暇な時にでもどうぞ…

選手のみんなは晴耕雨読!!!




by sakamocyan
09:57  |  未分類  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。