2011年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.26 (Thu)

1億総解説者(技術云々… バッティング)

いったい全国には何人位の“いわゆる野球経験者”が居て、見るだけのファンも含めると…
多分、凄い数になるんだろうね。
ソフトボールを含めると… 想像つきませんね!

野球ってルール簡単だし、見る回数多いし、話題にものぼりやすい。
素人の方でも結構詳しいし、TVや雑誌でも情報は多い。

よって…

いわゆる『なんちゃって解説者』ばかりだ!(笑)

こうして打った方が良い。
バットは上から、最短距離、身体の真正面でボールに当てる。
突っ込むと目線がずれる。
開くと手打ちになるぞ!

んな事は、およそ誰でも言えるのである。
しかも、もっともな意見であり、決して間違いではない。



僕は常々、小学生のソフトボール指導について、こう思っているんです。
(決して中学や高校以上の野球指導じゃないですよ! 悪しからず…)

何が正解か判らないじゃないか! と。

チームには指導者が何人かいて、保護者の中には“それなりの経験者”もいらっしゃる。
よって子供達は色々な指導を受けることと相成る。
監督さんによっては、それを嫌って「技術的な事は監督のみ」としているようですね!
色んな選択肢があると、子供が混乱する事が理由でしょう。

僕の場合、基本的に自由です。(たいした知識ないし、ピッチャー出身だし… 笑)
誰が何を教えてもいいんです。
あっ、1本足で打て! とか、逆手で打て! は流石にダメですけどね。

子供に何が合うか、わかんないでしょ?
体力の違い、センス云々…
小学校1年生~6年生の体格も腕力も全く違う子供達ですからね。
しかも、技術論(話すだけで)理解出来ないし…

ただ、色んな話は聞かせたいわけですよ
僕の場合。
この先、どこで役に立つかわからないし、何年後かに理解出来る事だってあるかも知れない。
あくまでも可能性の話ですけどね。
色んな指導を受ける中で、自分に合った情報だけをチョイスすればいい。
この時期、色々試すべきだと思います。
僕等だって、子供の頃 色んな選手真似してたし…
これからの経験の中でオリジナルなものは作り上げて行けばいいと思います。
その為に必要な知識や情報は提供するべきだと思っています。

基本は大事ですよ、基本無視の指導は小学生にとって危険です。
変な癖がついちゃうと先々大変です。
「カッコいい」「綺麗」「迫力がある」…
バッティングの良い子に共通して言える事です!
目指すべきスタイルは“そこ”なんです。

で、らっこ監督のバッティングに関する理想。(爆)

○自分のスイングが出来る体力をつける
 やっぱり素振りですかね?
 全力で振った時にグラグラしない、“ブン”と音がする。
 いつも同じ形でスイング出来る。
 これらが出来て、やっとスタートラインに立てます。

○タイミングが取れる
 結局、タイミングと体重移動なんだと思います。
 止まった状態から打っても力が加わりません。(いわゆる“静から動”です)
 いつも身体のどこかは動いていて(足・手・指… どこでも構いませんが)タイミングを取ります。

○ピッチャーの手からボールが離れた時、すでにバッティングは始まっている。
 特にソフトは10メートル間の勝負です。
 手からボールが離れた瞬間から2~3メートルの地点で、バットに当たるポイントを予測しなければならないのです。
 ですから、(ボールが手から)離れた時点で30%~40%位は進んでおかないと間に合いません。
 コンマ何秒の世界なんですね。

○強く叩くイメージ
 身体が開いては、強くたたけません。
 遠くへ飛ばそうと身体が開く場合もありますが、ここでは「当てに行く」ケースです。
 三振したくないので、ついボールが見やすい姿勢になりがちです。(バントの時みたいに…)
 ピッチャーに胸を全部見せてしまいます。
 こうなると、手の力以外に頼るものがなくなるので、いわゆる「手打ち」となります。
 強いスイングをすると下半身は自然とまわるので
 横を向いたまま打つイメージはどうだろう?
 身体が開いてしまうと、グリップの位置も前に出て来てボールに当たるまでの距離も確保出来ない。
 横を向いて打つイメージだと、グリップの位置も残るので強く叩ける。

練習方法
トスバッティングはやってますが、あまり効果ないのかなぁ~と。
現実、ピッチャーのボールを打つ時、あんな感覚では打たないし、どちらかと言えば手打ちに近いじゃないですか?
よく判らないけど(理解していないだけかも知れないけど)、数は必要ないかな? と。
それより、最近活用してるのが、砂の入ったボール(爆)!
正式には何て名前なんだろ?(調べました「サンドボール」って言うんですね! 500gと350gで色が違うようですが…)
結構、効果的に使えていると思います。
重いボールを打たせて肘の負担を心配されている方もいらっしゃるようですが、数も問題でしょうね。
ボールの勢いに負けない(押し込まれない)スイングの練習には良いと思います。

まぁ…
何れにしても『素振り』ですわね!(笑)
先ずバットがちゃんと振れないと話しになりません。


あっ、それと試合前の僅かな時間に素振りを一生懸命してる子もいますが…
素振りは家でやってくださいね!
試合会場での素振りは準備運動的な数で結構。
あとは、相手の投球に合わせてタイミングをとりましょう。
ほら、川崎選手とかよくやってるでしょ?




やばっ… 暇なもんだから、話が長くなってしまった。
僕が、こんな事書いたからって、これが全て本当かもわからないし(笑)、全てじゃないですから。
ほら、日本国民全てが解説者、指導者なんですから…
まぁ、こんな話もある 程度で!

スポンサーサイト
12:09  |  未分類  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.26 (Thu)

学問のススメ



昨日のジャイアンツ戦見ました?(ホークス戦と書かない所が… 笑)
勝敗は別にして…

問題は(いや、僕個人的な)、8回のジャイアンツなんだ。
先頭のラミネスがセカンドの内野安打で出塁。
1-2で負けている場面だ!

ソフトボールで言えば6回ウラ(フレンドにすると4回ウラ)の僅差で負けている場面…
ノーアウトランナー1塁でしよ?
まず「送りバント」じゃないかな? 先ず“同点狙い”だと思うんだ。
最終回の打順考えて…
得点する可能性が極めて低い場合、2点を取りに行く監督さんもいらっしゃるかと思うが、少年ソフトボールの場合は送る場合が殆どだと思う。

那珂南の場合…
78%は「送りバント」です!
22%の「こ~たろう」と「真愛」は打たせます。(ピッコロはケースバイケースで! 爆)
中心選手のプライド、監督の信頼度を優先します!(笑)


で、ジャイアンツ。(笑)

1点負けてる8回の攻撃、ノーアウト1塁にラミネスの代走「鈴木」です。
バッターは阿部君。(その次は長野? ~ 矢野?)

『盗塁』は無いと思うんだ。


なぜ『盗塁』なんだろ?
プロだから、イチかバチかの“50% / 50%”の確率ではないだろう。
鈴木だから、盗塁成功率も80%位あるのかな?

なぜリスクを冒す必要があるんだろ?
同点以上を狙うんだろ?
言うまでもなく「大事なランナー」でしょ?
ホークス自慢の「ファルケンボーグ ~ 馬原」の展開で、得点の可能性も低い場面で。

盗塁が成功して、ノーアウト2塁。
阿部が最低でも右方向のゴロで進めて、1アウト3塁…
得点のチャンスは広がるわなぁ。
仮にヒットなら、同点以上、逆転の可能性だってある。

が… よ。

『盗塁』かなぁ?
解説の中畑さんや篠塚さんも、特に盗塁を疑問視する発言はなかったし、“盗塁失敗もアリ”の雰囲気もあった。

いや… 僕は『送りバントだ!』って言ってるんじゃないんです。
強攻する事は構わない。(むしろ阿部でバントは無いと思う。)
『盗塁』は解せない。
うちの選手なら…  蹴る!(爆)

なぜ、盗塁だったんだろ? 結果論でなく。
たかがソフトの監督(スミマセン =らっこ監督の意)には理解できないのだろうか?
阿部の長打なら結果は同じ。
プロの打線なんだから、打順に関係なくヒットの可能性は3割程度はあるのに。



とにかく昨日の試合は『盗塁』が気になった。
藤村が出塁したあとの坂本もそうだ!
藤村の盗塁を待って、とても集中力のない打席に見えた。
「いつ走るの?」「打っていいの? 待った方がいいの?」
常にツーアウトからだから、中途半端な打席になって、凡打若しくは三振だったし、打順がことごとく3番で切れる。
藤村がアウトになっても、次の回坂本から始まるのに…。

よくわかんないな。
関係者に聞いてみたい。(爆)
原監督とか鈴木、阿部、藤村、坂本。
必ず意味があるはずなんだが…

ん~~ 聞きたい!

勉強したい。
やっぱ野球中継は見た方がいい。




しかし、中畑さんと篠塚さんの解説って…
解り辛い。
亀梨君の方がうなずけるって事は、単に僕が素人って事?(爆)

08:09  |  未分類  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.19 (Thu)

僕の目標




先日の合同合宿で「イチローの作文」を分析しながら話をしたんだ!
それが子供達の食いつきが良くって!(笑)
まるで経営コンサルタントのように気持ちよく話してた“らっこさん”です。



で、「僕の目標」の話っす。
過去にも紹介した事があるかと思うが…(いや、特に公表する事もないのだけれど…)
永年変わらない「私(=那珂南クラブ)」の目標がある。

それがさぁ … 
決して高くないのである。(笑)

1.リーグ戦5位以内
1.県大会への出場(1つでも)
1.大会の優勝(どんな大会でも)


以上の3つ。


「クラブチームだから…」と言っても、チームの在り方は様々であり、監督のタイプや指導方針、「なんの為に“小学生ソフトボール”の監督をやっているのか?」もある。

健全育成、礼儀、秩序、集団行動、協調性…
人間として大切な事、必要な事を学ばせる“人間教育の場”に間違いはない。

とは言うものの…
ソフトボールは「点取りゲーム」なのだから、「相手より1点でも良いから点を取れ!」と教えなければならない。
クラブチームに求められるものは、寂しいかな『結果』なのだ。
「結果は最終的に付いて来るものだから、途中の努力が大事、「過程」こそ全て!」
確かに仰る通り…、そうだとしても、やっぱり『結果』なのだ。(わからん奴だ 爆)

結果を求める。
結果を出す、成績を残す。

言葉にしたり、書いたりすると“こうなる”のだが、僕らは決して“それだけ”を教えているのではない。
言い換えても、『勝てば良い』ではない。
ゲームに向かう姿勢が大事であり、「結果を出す為に何をするか?」が重要なのである。
自ら目標を掲げ、それらを達成する為に何をするかが必要なのだ。

試合でヒットを打つ為に毎日素振りをする。
毎朝ランニングを続ける。
自分の為に努力する。
… 立派な事だと思います。
監督の言う通りにやっているんだと思います。

大事なのは
どんな素振りをやっているのか? 毎日やっているのか?
どんなランニングなのか?
自分で決めた事(回数・頻度他)が守れているのか?

また、それは(間違えないで欲しいが)家のお手伝いをしなくて良いと言うことではありません。
勉強をしなくて良いということでもなければ、自分だけが上手くなれば、「感謝」や「思いやりの気持ち」を持たなくて良いという事でもないのです。
向上心のない人間は成長しない。
人の気持ちがわからなければ、助け合えないばかりか、自分も活かされない。

まさに 球道即人道 なのだと思います。

自分で目標を立てる。

目標を達成する為には何をすれば良いのかを考える。

必ず実行する


この繰り返しではないだろうか?


試合に出れなくても良い…
結果が伴わなくても良い…
僕の目標の前に、そんな言葉は付かない。


全てがすべて思う通りには行かないだろ?
頑張り続けても結果が出ない時もあるだろう?
「僕はダメなんだ…」って落込む事もあるよね。
諦めかけたりするよね。

もう一度考えてみよう、目標を!
達成する為の手段に間違いはないか?(自分の能力にマッチしているのか?)
実行出来ているのか?
本当に頑張っているのか?

修正しながら、何度でもやり直して欲しい!
全部が全部うまく行かなくとも、少し光が見えて来るかも知れない。
きっかけを掴めるかも知れない。






僕は、那珂南クラブを通じてそんな子供を育てて行きたい。
そんな選手を増やしたい。


それが
僕の目標を達成する為の手段であるのだから。







11:03  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.17 (Tue)

個人的なこと

いゃ~ お久し振りです。
じ、実は体調を壊しており、先程まで入院生活をしておりました。
5月4日に息苦しさでダウンし、救急車で搬送。
ちょっと深刻な状況でしたが、なんとか復活しました!

丁度2週間…
暇でひまでしょうがない病院生活でしたが、人生で初めての経験。
ちょっとゆっくりさせていただきました。

ホント…
ご心配をおかけして申し訳ないです!
お見舞いの方々も半端なく、心苦しいばかりでございます。
改めて僕を支えてくれている方々の多さと、優しさに感動いたしました。


でも、もう大丈夫!(… と、思ってますが)
今週いっぱい自宅療養をし、来週からボチボチ仕事しようかと思っています。
まぁ、入院中も練習試合の手配をしたり、試合を見にいったり、いつもと変わらない生活してましたけどね。

この間…
西日本の市予選で負けるは、美野島さんとのリーグ戦で引分けるは…
チーム状況は、僕の体調と一緒で下降線気味でありました。
多かれ少なかれ、僕の体調管理の悪さがチームに影響したのだと反省なんです。
「親の責任」とか偉そうに語りながら、『自分の責任(自己管理)』は、ど~なってるんだ? っちゅう話ですね!(笑)


そしてリーグ優勝!

あら? 8谷さんが胴上げされている…
おや? 子供球場で乾杯?(爆)
くそぉ~ 俺が居ないあいだに… (いやいや、冗談ですよ!)



さぁ、ボチボチ頑張って行きましょうかね!
各大会、秋のリーグ、来年のチームに向けて!
2週間、ご心配をおかけした分、精一杯やらせていただきます。



繰り返しとなりますが…
ご訪問いただいた方々、メールで励ましてくれた方々、メッセージをくれた那珂南、千早西の選手諸君
本当にありがとうございました。
みなさんのお陰で復活できました!
元気になりました!

少しづつでもお返し出来れば… と思っています。




先ずは取り急ぎ退院の報告まで。



18:38  |  未分類  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.06 (Fri)

全国小学生ソフト福岡県大会2

10:44  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.01 (Sun)

全国小学生ソフト福岡県大会1

23:20  |  未分類  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.05.01 (Sun)

「知恵のある者は知恵を出せ!知恵のない者は汗をかけ!」


能力のある選手は限られています。
20人しかいないチーム、5人の6年生…
過去を遡って考えてみても、レギュラー9人中、活躍する子はせいぜい2~3人ですね。
活躍する子って?
ホームランを打つ子、滅多にエラーをしない子になるのかな?
そ~すると6~7人は、打てない子、凡ミスを繰り返す子… となるのだろうか?

しかし、まぁ…
この6~7人もきついわけで…(笑)
「もしかしたら、やってくれるかも知れない?」
って言う、能天気で重いコーチ陣の期待を常に背負う事となる。
期待されたりするものだから、罵倒され、交代させられ…(爆)
まぁ… 彼らも辛いのである。

○○チームは強い!
「ピッチャーだけなんだけどねぇ」
「打つのもあの子だけだし」、「あの子さえ抑えればなんとかなるんだけど…」
よく聞く話ですよね。
確かに、小学生ソフトボールは、ピッチャーだけで勝てる。

あるレベルまでは。



那珂南…
もしかしたら、選手達まで“そんな事”本当に思ってないだろうか?

「勝つ事」がその殆どを打ち消す環境の中で

『自分のすべきこと』を忘れていないだろうか?

『活躍』は、プレーだけに使う言葉ではない。
活躍=ホームラン ではないのだ!
活躍には色んな意味や内容がある。

「能力のある子」は簡単に増やす事は出来ないけれど
「使える子」はコーチ陣の指導や親の教えで、なんとでもなるのではないか?

必死で声を出す子
ヘッドスライディングでムードを高める子
三振やエラーした子を激励する子
ファールボールを取りにいく子
コールドスプレーを準備している子

三振すまいと必死でボールに食らいつく子
ファールボールに飛びつく子
怪我してでも1点を取ろうとする子、アウトにする子




選手全員に仕事があり、必要性がある。
それは試合に出ているか出ていないかには関係しない。


「感謝」

「信頼関係」


それらは「必死な顔」や「言動」の中以外には生まれない。
皆、那珂南に必要なのだ。




もう一度考えてみよう。

そうする事で…

ワンランク上のステージが見えてくる!


05:55  |  未分類  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。