2009年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.27 (Sun)

王様の中の王様

土曜会の「KKトーナメント」がまだ残ってました。(笑)
「King of king」…
色々いる王様の中でも、一番の王様! なら、「King of king's」が正当では?
なんて、負けたはらいせに、つまらないケチをつけている。(爆)
すみません、S武先輩! また呼んでください。

こんな年末まで雁ノ巣の朝早くから…
さすがに昨日は殆どいませんでしたね。
逆に言うと(逆にせんでもいいけど…)、この時期までやれるって、幸せなのかもしれません。
幸い、良い天気で、そこまで寒くも無かったし。


ここに来て、「同じ相手に3回も負けた」。
イチローなら、涙流して奥歯を噛みしめながら「人生最大の屈辱」を語るだろうが…
らっこ監督は、あっさりしたものだ。

6年生達に僕がサイン出せる最後の試合になりました。
だから、勝ちたかったんだけどね…
メンバーだってベストで臨んだし、試合前は入念に指示を出した。

あんまり世間が「敬遠」「敬遠」って言うものだから…(笑)
さすがにそう(敬遠しろ!)言えなくなってしまって、「よし 勝負しちゃろぉ~じゃないか!」。
だから、あの2人に対しては、全て配球しました。
あまり僕がリードする事はないのだけれど、ちょっと楽しみでもあったから…。

清道さんの掲示板? 試合結果? に、「四死球が多く、なかなか打たせてもらえない」って書いてあったけど…(爆)
僕的には完璧な投球内容だったと思ってます。
完全に勝負した結果です!
光輝の力を借りて、僕が“あの2人”と勝負させていただきました。
結構楽しかったですね、まだまだ小学生に負けるわけには行かない。

最後くらいは、正々堂々と真っ向勝負!(姑息な手段を選ばずに… 笑)

勝つ為には「なんでもあり」がモットーなんだけどなぁ?
ちょっと情に…(爆)


パーフェクトに抑えられたから、勝つはずがないのだけれど…
50分はきついなぁ…
僕の全てをお見せ出来ません!(笑)

4回でタイムアップ?

えっ?

時間?

もう終わり?







なぁ~~~んだ…


さっきの「わけのわからない長いタイム」は、そぉ~~いう事だったのね。


なるほどね…




まぁ、常々姑息でずるい僕は何も言えませんがね。


全く時間なんて気にしていなかった。
だって、宇都さんが言わないんだもん!(爆)

結局、何が言いたいかっていうと…

それだけ「勝負に集中してたし、充実した内容だった」って事。

こんなチョンボは初めてだ!


スポンサーサイト
06:24  |  未分類  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.24 (Thu)

オフ会とラストラ

第2回、ブロガー大賞の僕です。
満を持して、画像などアップしようとも考えたのですが…
そこは…
未だ年賀状まで出来ていない状態でございまして。(笑)

あの投票…
なにやら、最終日の1時間だけ12時間の投稿制限を解除した時間帯があったようで(爆)
そこは見逃さないフレンドシップリーグの同志達というか、姑息ならっこ野球というか…
その1時間で大逆転勝利だったようです。

内容については、皆さんが既に公開しておりますので、公私に忙しい僕は省略させていただきます。
ヤマサキコーチのブログに期待してくださいね。(笑)


人の記事やコメントを読んでいて…

シカ男さんの
>数々の大会を制し、ブロガー大賞まで… 次は何を狙うのか?  って。

次はね…

政治家だよ。(爆)

んでもって、はやピーママさんのシカちゃんへのコメント
>若いおね~ちゃんをゲットしても、らっこさんに取られないように… って。

取ったことない!(笑)

結構楽しい2時間半で、あっという間に終わった感がかります。(まぁ…、半分位はボスキャラさんの独壇場でしたけど 爆)



ラストラ…

7位だって!(笑)  香椎下原さんにいきなり負けたものだから…
まぁ… 9位よりも7位がいいのだろうがね。(笑)
①那珂南 0-2 香椎下原さん
②那珂南 10-5 下駄男ベアーズさん
③那珂南 1-0 東月隈さん

結局
1位 … 香椎下原さん
2位 … 東若久さん
3位 … 千早西さん

あ~苛々する。
「負ける事」が人一倍嫌いなタイプは否定しないし、そうでありたいと思っているのだが…
「負けた事」の分析をしない自分。
「負けた事」を悔しがらずに、違うことを考えている自分に腹が立つ!


クリスマスだと言うのに…

僕の“心の中の灯り”が消えかかっている。






06:56  |  未分類  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.20 (Sun)

全体練習、個人練習と自主練習

久しぶりに投稿します。
先月から頑張って更新してきましたが、結局ストラップは当たらず…(笑)

しかし… 寒いですな。

昨日の雁ノ巣…  死ぬかと思いました。
流石に、居眠り出来ませんでしたもん。(爆)
こんな時期に「試合をさせられる選手達」は可哀想です。
ピッチャーなんか最悪、かじかんだ手で…

ちょっと香椎下原の監督さんと話しましたが、
例えば、試合(練習試合も含めて)は、12月の第3週から1月の第2週まで(1ヶ月間)、してはいけない!
みたいなルールが必要なのでは?
色んな大会やリーグ戦があるので大変なのはわかるが…
この時期の1ヶ月位、オフを作ってはどうだろ?
あんな寒い中、「ケガ」にも繋がる可能性大だし、第一、技術的な云々はないですよ!(こっちも期待してないし…)

協会も、この辺気が付かないかなぁ…
細かい事ばぁ~っかり言ってないで、色んな事で調整取ってもらえたら… と思います。


「リーグ対抗戦」紆余曲折あったものの… 今日行われています。
力のない僕の構想からは離れましたが、「先ずは“はじめの一歩”です」
単なる親善に止まらず、福岡全体のレベルアップに繋がれば最高ですね!
今年は、やる事に意義があると整理しました。(笑)
「力のない僕」は現地に行けませんが、皆さん頑張ってください。
この大会も色んな方のご尽力でなりたっております。
お世話をしてくださる方々がいないと、開催できないのです!
本当に頭が下ります。
口先だけの力の無い僕が一番良いですね、申し訳ない。





やっと「全体練習、個人練習と自主練習」です。

歳をとると、僻みっぽいというか、素直じゃないというか…
保護者会長さんには「困った監督さん」状態になってます。(笑)

いろいろな練習のやり方があって、そのどれも大事。
レベル(小学生とか大学とか)によっても、効果的な練習形態ってありますよね?
野球の場合、いやソフトの場合、殆どは「個人練習」で事足りるんですよ!
バッティング練習だって、「素振り」でいいし、マシンやトスを上げてくれる人がいれば、ティーやフリー打撃が出来る。
守備は、ノッカーさえいてくれれば、ゴロの捌き方くらい問題ない。
僕等(那珂南)がやってる練習って、殆ど「個人練習」なんですわ。

一方、「全体練習」とは?
例えば、牽制(ソフトボールで投手からの牽制はないが)、ピックオフプレー、長打への中継対応…
そんなもの位しかない。
そんな言い方をすると、「じゃぁ、全体で集まってやる練習は必要ないのか?」みたいになるが、それは間違いで、『試合型式にしないと練習出来ない事』もたくさんあります。
・打席に立って、相手の守備陣を見て打つ方向やバントで捕らせる野手を選択する事
・ランナーにおいての打球判断
・サインの確認とタイミング
・守備時における送球塁判断
・お互いの守備位置確認(ベンチの指示と違わないか?)
・その他(皆とやると、くじけずに頑張れるとか… 笑)

お気付きかもしれないが、それらは全て『感覚的』なものである。
全体練習は「感覚的なもの」を養成するものなのだ!(言い切っていいのか? 爆)
ただ、全体練習の中に、個人練習はとりこまれるし、両方を一度にやろうとすると、やっぱり大人数が集まってやる方がいいですよね。

個人練習で「技術的な事」を磨き、「全体練習」で確認したり、「感覚」を養う。
その集大成が「ゲーム」なのである。


で、「自主練習」とは? なんじゃろ?
自主的に、選手が考え、選手自らが行う練習なのである。
僕は、練習の中で「一番重要」だと思っている。
ただ、「選手自らの意思で」の場合だ。
親から言われてやる練習は、自主練習ではない。
まして、皆が集まって…

選手を伸ばそうとするなら、「やらせてはいけない」と思っています。(「やらせる練習」は全体練習でやっているのだから…)
・自分が劣っている部分に気付き、練習後に居残る
・迷いをなくすために、ただひたすら走る、無心でバットを振る
・延々と壁当てをやる

「試合で活躍したい」「ライバルに負けたくない」「監督を見返してやりたい」
理由はなんでも良いんだけれど…(笑)
ここ一番で能力を発揮できる選手は、そんな「根性のある子」です。
根性という言葉が適切かどうかは別にして、自主練習とは、「氣」を養うものだと考えています。
「やる気」「勇気」… です。

押し付けられた「やる気」「勇気」は意味がない。
自主練習の方向に仕向けたり、におわしたり(笑)するのは理解するが、「強要」は納得してません。

一人でどこまで頑張れるのか?
監督や親の目から離れた時に、本当に頑張れる選手になったのか?
それは、試合中のプレーや「ここ一番」を見れば わかります。(単に1~2試合を見てじゃないですよ!)
「現実」こそが、悲しいかな全てなのです。


決して「やる事」は、マイナスではないと思いますよ。
お付合いいただいた方々にも感謝しております。
だって、「良かれ」と思ってやっているのですからね。


ただ、僕の考えと違うだけです。




09:35  |  未分類  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.10 (Thu)

デフレスパイラル

勝てるチームを作ろうとすると、どうしても上級生を多く使うし、どんな試合だって「負けて良い試合」なんか無いわけだから、途中交代も殆どない。
色んな経験を積ませたいから、土日は殆ど試合。
その結果、どこかでチームの頂点(ピーク)がやって来て、それ以降はチーム力低下の一途を辿るようになる。

新チームとなっても、ほとんどの子供に試合経験がない。
しかも、大会大会の連続だったから、現地について行くだけで、練習の機会も少ない。

ホームグランドで練習をする機会がないので、他の子供達の目に触れない。
毎週試合ばかりで、親の方が大変。(と印象付けられる)

その結果、下級生がほとんどおらず、試合経験の少ない選手ばかりでチーム編成をしなくてはならなくなり、選手の数が減れば部費も貯まらず、チーム運営は苦しくなるばかり…
大会参加を抑えれば、ここ一番で力を発揮する精神的な強さも醸成できない。
教育リーグにも参加出来ないので、毎年同じ事の繰り返し。


デフレ的悪循環…(爆)

こんなことは分かってたはずなのに…



経営の危機だ!(笑)

こんな時だからこそ、経営者がリーダーシップを発揮し、チームを立て直さなくてはならない。



ちょっと、無理があったか…








06:47  |  未分類  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.06 (Sun)

敗戦の理由

讀賣チャンピオン大会

あっ、これ連盟がやってたんだ!(笑)
(すみません、お手伝いしなくて… 吉住さんと宇都さんが! 爆)

?那珂南 13-0 志免4・6さん
?那珂南 2-0 八田さん
?那珂南 1-2 弥永さん

ベスト8であろうが、1回戦負であろうが、負けは負けなのであって、頑張ったとか頑張らなかったとかに関係なく、結果は「敗戦」なのである。
負試合は得てしてこういうもんで…
バントが決まらない
最後の1本が出ない
警戒していないバッターに打たれる…
そんなもんだ。

振り返りますと…
①志免さん
特になにもしないまま、13点いただいたというか…
本来は、もっと力のあるチームなのでしょうが、立ち上がりが全てだったようにに思います。

②八田さん
リーグ戦で負けた事で、「2度と負けるか!」みたいな気持ちがあるが…
実に最近よく当たる。
初回の1アウト満塁からの1塁ランナー牽制死。
あれがデビルだったら、「後のランナー気をつけろ!」「油布さんの性格だから、絶対に後のランナーに牽制が来るぞ!」と、大爆笑の指示が出るケースだったんだけど…(笑)
特に警戒の声もなかったもんで…(爆)
「アウト」とか「セーフ」とか判定がコロコロ変わってましたけどね。(笑)
あの判定が覆って「セーフ」になった時、理由が「走塁妨害」なら僕に受入れる準備はあったんですけど…
つまらん理由をつけるから…
八田のみなさん、ごめんなさい、Gぃ~さん、すみません。

③弥永さん
勿論、簡単に勝てるとは思ってなかったし…
まぁ、清道やTV赤坂以外なら… と。(笑)
Tさんの「ひとりごと(つぶやき だったかな?)」を読んだんだけど。
弥永さんに負けた事なかったんですね。

まぁ、本当は、あのホームラン1本で負試合だったんですけどね!
弥永のエース君が、光輝に交通事故みたいなホームラン打たれるから、期待しちゃった。(爆)

「えっ? このイニングで敬遠? ランナー貯めるの?」
「バントしないんだぁ…」とか、偉そうに色々思ってたんだけど。
負けてしまえば、相手の作戦が大成功だったわけで、僕の読み違いだったわけ。

タイブレーカーの最終回裏。
颯がサッカー選手になってボールデット!(笑) 1点取られて…
なお、0アウト2塁。
で、 ね…(T監督さん! って、弥永の監督は見てるかな?)
送りバントしなかったでしょ?
実はね、あの回を1点で抑えた事で「勝てた!」と思ったんですよ、あさはかな僕は。
だって、うちはバントで送った後、自慢の1番~3番ですもん。
満塁にされても、かろうじて3番には回る。
4番は、バントの上手い子を置いていたから、スクイズも出来る!
「勝てた!」と、思ったんだけどなぁ~(爆)

弥永さんが、グランドに来て、キャッチボールもせずにノックに入ったから、朝早くから練習して来た(流石に前日もやったとは思わなかったけど…)んだなと思ったし、うちの打線を良く勉強しているな! とも思いました。

その辺の違いなんでしょう。
間違いなく、「勝ちたい気持ち」が上でしたね、弥永リトルガッツさん。
素晴らしいチームだと感じました。


19:49  |  未分類  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。