2009年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.27 (Fri)

LAST GAME ~有終の美~

スポンサーサイト
08:36  |  未分類  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.23 (Mon)

ずっと飲み続けたい時って、あるだろ?

(「いきなり、あんたはいつもやろ?」って、言う声が聞こえそう…)

卒部式って凄いよね。
年取ったせいもあるかも知れないけれど、「卒部式」を想像しただけで、涙が出て来る。(笑)
「本当につまらん!」
「使えんやつ!」
「さえん!」 等々、思い続けた選手達が、皆スーパースターのように思える。
いい所ばかりが見えて来るのだ!


昨日ばかりは、やられた…。
正直、完全にやられちゃいましたよ!
これ以上ない、ストーリーとエンディング…
tanntoku

そりゃぁ、勝てばいいとは思ってましたよ!
「勝ちたいんですうぅ~~」って、毎度お馴染みのキャプママの声もあったし。(笑)
でも最近、奴らの練習さえ見てなかったじゃない、だから、不安って言うか…
「勝つ」とか「負ける」とかじゃなくて、
「最後位は楽しくやらせたいなぁ~」と、指導者なら誰でも考えることを、普通に思ってたわけで…
だから、バントとか無かったでしょ? 初日。
スクイズなんて…(爆) 恨まれそうなサイン、出せる訳がない。
指示

多分ね、いつもは僕が勝ちたいの。
僕が勝ちたくてしょうがないから、細かい事ばかり言ったり、裏をかいたり…
でも、昨日は(2日目)は違ったね、「勝たせてあげたい」って思ったもん。
「優勝した、この子達を見たい」って思ってましたからねぇ。

多少ずるい事や、姑息な事もしますわな。
だって、勝つためだもん。
最後の打席になるかも知れないけど、「バント」してもらわなくっちゃ!
バッティングカウントでも、「待て」と出しますわな。
銅より銀、銀より『金』がいいでしょ?

ずっと、言って来ましたが、僕等クラブチームにおいて、『楽しい試合』なんて無い。
負ける事もある。
決して、負けが悪い訳ではないとは思うのだが、
「負けが勉強であったり、糧とすることが出来る?」が問題だと思う。
勝負である以上、勝たなくてはならないわけで…
勝つために、「考え」「悩み」「最大限の努力と準備」をやって来たわけなのだから…
しかも、昨日はチャンスをいただいたのだから。

途中から、最後の試合とか、今夜卒部式があるとか、全く忘れてました。
僕がボールを拭いて、いいボールが行くのなら、魂込めて拭きましょう。
ボール拭き
僕がコーチに立って点が入るなら、慣れない事もいたしましょう!(笑)

みんな、そんな気持ちでいたんだと思う。
第19代キャプテンの亮太と第20代キャプテン大輝も来てくれた。
daiki.jpg
ryouta.jpg


シャイな“枝枝枝さん”と“天草四郎夫婦”
最高な那珂南ファミリーの完成なのである。

これ以上ない、最高のステージで、最高の演出だったのである。
終戦



そんな前振りで始まる「第23期生 卒部式」が盛り上がらないわけがない。
・卒部生へ送る言葉
・5年生以下へ送る言葉
・5年生以下のコント?(笑)
・ちょっと怖かった「那珂南美容室」
・涙、涙の「卒部DVD」
・両親への言葉、花束贈呈
・卒部記念品の贈呈
・卒部アルバムの授与
・みんなで合唱
・8谷代表のありがたいお話
・らっこ監督のしつこい話

と、とても3時間では終わらないわけだ。
トイレに行く時間も、もったいない位でしたね!

活躍したDVDを見ながら酒飲んでると…
まぁ、涙も出て来るんだけどね。


このまま、延々と見ていたい気がするし、ず~~っと飲んでいたいんです。
時間が止まってしまわないかなぁ… と。



1週間もすると、どっぷり現実にはまって、苛苛、カリカリしちゃう自分がいるんだろうけど…(多分)
しかも、最近辛いブログの内容続いていたくせに!(笑)
ちょっと勝ったからって、調子に乗って!

ごめんなさいね、確かにその通り。
でも、ど~しても書かなくちゃいけないし、書きたかったから、我慢できませんでした。
頑張った6年生諸君と、最大限のご協力で、僕を支えてくださった保護者のみなさまへ、ささやかな感謝の気持ちでございます。

永い間、お疲れさまでした。

優勝



23:31  |  未分類  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.21 (Sat)

思い出

6年生のみんな・・・
いよいよ卒部だね。
明日は天気が心配だけど、1試合でも多く
試合が出来るよう精一杯頑張れ!

18:46  |  未分類  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.14 (Sat)

もうはまだなり、まだはもうなり。

相場に興味はないが…
職場の上司のよく口にすることばだし、引用させていただきました。

もう既に各大会が行われている。
「優勝」「パート優勝」と、盛り上がれるチームはいい。(笑)

今始まったばかりだから…

そうではない。
この時期が大事なのだ。
大事なのは、この時期に勝つことなのである。
誰もが、チーム状態に、保護者のまとまりに不安だらけの「この時期」に勝つことが必要なのだ。
勝つことで全てが手に入る。
勝つ→チームの雰囲気が良くなる→もっと勝ちたい→練習に力が入る→保護者の協力も高まる→勝つ
と、全て好循環となるのである。

「力があり、新チームは強いよ!」
そんな前評判のチームが、この時期勝てなかった為に、1年間パットしなかった… って事は、よくある話なんですよねぇ~。
ただ…
今年の那珂南は違う。

力(実力)、経験がないわけだ。
ピッチャーは、どう贔屓目に見ても平均以下。
打者の半分は、当てるのがやっとで、バントなんか不可能な現状。
そんな状態だから、この2ヶ月間は、「ボールを捕ること」「打つこと」だけを集中して練習して来た。
僕がレベルを感じているなら、連携プレーや走塁練習に力を入れたい時期なのだ。
僕は細かいのた゜!

九州大会が決まっている。
ただ、調子が上がって来ない。
大会当日まで、あと1ヶ月半しかない。
この時期に、こんな調子でいいのか?
福岡県代表として恥ずかしくない試合が出来るのか?

ちょっと待てよ。
自分が育てた子供達に恥ずかしいという言葉を使うなよ!
後、1ヶ月半しかない?

気持ちは持ちよう。
まだ1ヶ月半もあるのだ。
1ヶ月半あれば、チームは変われる。
この2ヶ月の成果がきっと出るはず!

まだ、1ヶ月半もあるのだ。

まだまだ、これから。







チーム状態が悪い中、中心選手に怪我。




髪は 神はどれだけ僕に試練を与えればいいんだ…。
12:14  |  未分類  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.09 (Mon)

努力する才能

エジソン先生だったかな?
「天才とは1%の才能と99%の努力」って言ったのは。

「お前達は、本気で努力しないと~」とよく口にするんだけれど…
彼らは「努力」を知らない気がする。
また、この時期って、「努力する事」が格好悪い雰囲気があったりするから困る。
人が遊んでいても、ソフトして欲しいんだよね、監督は。

壁当てして正しいフォーム、正しいステップで捕球する練習して欲しいし
素振りやタイヤ叩きして欲しいんだよ。
たとえ30分でも、一生懸命キャッチボールやれば、毎日続けられれば、絶対に「それなりの守備」にはなれます。
火曜日と金曜日の全体練習は実戦の場だから、個人のトレーニングは、「それ以外の日」にやらなくちゃ!

「努力」って、“何かを犠牲”にする事だと思う。
そりゃぁ、小学生だから、勉強の時間や塾を削ることは出来ない。
じゃぁ、遊ぶ時間しかないのである。
ゲームをやる時間、漫画を読む時間、テレビを見る時間、ぼーっとしている時間。
何か好きな事を犠牲にしてでもね“ソフトボール上達”の時間に費やして欲しいわけさ。

「努力」も毎日続けなければ、「本当の努力」ではない。
2~3日頑張っただけじゃぁ、努力とは呼べない。

『努力する(出来る)のも、才能なのである。』

努力する才能の無い人は「その程度の選手」になるわけである。
チームの中で1番? そんな事はたいした事ではない。
ライバルは沢山いるし、他のチームには凄い奴が無限にいるわけだ。
常に目標を高く、自分を鍛えて欲しい。

努力は結果に繋がるのだろうか?
申訳けないんだけど… それは判らない。
ただ1つ言える事は…
ここ1番の大事な場面、絶対絶命の大ピンチ。
誰も君達を助けてあげる事は出来ないんだよ、監督もコーチも、君達の事を一番愛している保護者の方々も…
「君達が1人でやるしかないわけさ」
足が震えたり、涙が出たり… 嫌でたまらないよね。
そんな時、君を助けてくれるのは、
「今までの努力」「努力した自分」しかないんだよ。
君を救ってくれるのは、「本当に努力した自分」「遊びたいのを我慢して素振りした自分」なんだと思います。

努力は必ず、君達の心を励ましてくれるはずです。











07:25  |  未分類  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.02 (Mon)

球道即人道

こんばんは。
トップの写真が変わったんですね。

練習試合後のスタッフミーティングも無事終了。
練習試合もそうですが、ミーティングも充実したものでした。(笑)
焼き鳥「英蔵」に始まり、「遊心」のお好み焼きへと続いたのですが、その後単身「極楽湯」で“邪悪な液体”を体外へ追い払って参りました。
昨日今日とアルコール漬け状態からは脱しましたが、口の中のニンニク感が…(笑)
「ニンニクのホイル焼」…、相当旨かったのですが、その後が… 大変です。


さて、今日の練習試合。
上白水さんをお招きして3試合、午後だけでしたが充実した内容だったと思います。
最大の収穫は、ケンジの完封!
点を取られる取られないではなく、1試合投げ抜けた事が収穫です。
今日の試合で自信を付け、是非“大化け”して欲しい!
攻撃の方も、年末からの打ち込みの成果が少しずつ現れて来ましたね。
試合中も「絶対にレギュラーで残るぞ!」と言う気持ちが伝わって来ます。
守備位置を確定せず、何処でも守らせた結果、それぞれにライバル意識が高まり、技術向上という面では効果的に働いていると感じています。(子供達は必死なのですが…)



「球道即人道」という言葉があります。
中村元PL学園監督の座右の銘であったり、桑田選手が色紙に書いたりしています。
(以下、コピペですが…)
野球は人生の一部であり、人として成長するためのものだということ。
野球はあくまでも「人間教育の手段のひとつ」にすぎない。
大きな木の幹の部分が人間教育であり、その幹に野球や勉強、友人、家族、礼儀など、いろいろな枝葉がたくさん伸びている。
野球だけでなく、それ以外の枝葉にもきちんと実をつけることで、初めて人として成長していけるのだ。
ところが、野球が幹になってしまっている人は、バッティングやピッチング、守備、監督との関係など、野球のことばかりが枝にぶら下がっていて、他のことを大事だと思わなくなる。
ただ、勝てばいい、上手くなればいいという考えで、野球以外のことを大事にしない選手は人間として成長できないし、心も育たない。
ひいては野球でも成果が残せなくなる。

姑息なプレーばっかり教えても…(笑)
やっぱり、人間性と言うか、道徳って言うか
そ~言う面でも「しっかりしなきゃ!」って思うようになりました。
「考えろ!」「考えろ!」って行っても、相手の(自チーム、相手チーム限らす)想いを感じなくては、うまくは行かない。
そもそも保護者の皆さんだって、「たぬき」や「姑息な人間」作るためにクラブに入れている訳じゃないですし。
勝つことばかり考えても壁にぶち当たる気がします。

ず~っと、「勝てばいい」って思って来ました。
でもね… 限度があるみたい。
人間的にも立派な(立派なって定義もあやふやだけど…)選手が育てられたらと思う今日この頃です。






23:08  |  未分類  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。