2009年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.25 (Sun)

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

世の中(福岡ソフト界)は、なんとなぁ~く「ラストゲームムード」です。
屋形原杯~ナガセケンコー旗争奪…

屋形原ライオンズ杯って、毎年この時期だからしょうがないとは思うけど
昨日も…
降り積もる雪、凍結した道路、事故った車や転倒したバイクを何台も見ながら、ラッシュ状態で雁ノ巣へ向かいました。

各チームの監督さんやコーチの方は口々に…
「みんな寒いんや!」
とか
「寒いと思うからさむいんじゃぁ~」とか仰ってますけど…(笑)
無理無理、我慢なんか出来ませんよ。

こんな日は、普段の力をどれだけ出せるかで勝敗が決まると思います。
誰だってベストな状態じゃぁありませんからね。
マイナス2度の世界で投げる投手…(爆)
ストライクが入らないのも仕方ないですわ。
バッテリーにしてそんな状態なのに、たまにしかボールに触らない野手はもっと大変なんだと思います。

どうしようもないと思うのですが…
ここでも『勝つために何をするか』を考えなければなりません。(そんな大袈裟な事でもないが 笑)
手袋をお勧めします。
チーム(指導者)によっては、バッティンググローブを禁じている所もあるかと思いますが…
出来れば、両手を購入して使用させて欲しい。
寒い時は寒いし、「素手の感触?感覚」なんてレベルの話ではないですからね。
寒い、痛い、打ったら痺れる(笑)の不安を軽減させるには効果的かなと思います。
それと、もう1組(最低でも利き手)手袋を用意して欲しいんです。
ニットでもフリーズでも良いのですが…
空き時間やベンチの打順待ちの時には、必ず使用して極力指を冷やさない努力をしましょう。
当然ポケットにはカイロが2~3個必要です。
この時期だけポケットに手を入れるのを許可!

最悪なコンディションの中、少しでも、小さな事でも『勝ちに繋がる努力』は大事です。

さすが尊敬する(言い過ぎ?)千早西クラブ。
イニンク゛を終えた投手が、ベンチに帰って来て、すぐに手を温めていました。
なんと… ペットボトルに入れたお湯で!
素晴らしい。

試合で勝つって事は練習や試合で、「勝ちに繋がる意識や行為」をどれだけ貯められるかだと思っています。
些細な事でも、やっている人とやってない人とでは大違い。
道具を磨く、体に良いものを食べる、早く寝る…
勝ちに繋がる要素は沢山あると思います。



なんで、朝っぱらからこんな事を書いているのか?
それは…
昨日の屋形原ライオンズ杯…
書くことがないのです。(笑)

僕の中で色々試した試合なんですけどねぇ…

(新チーム)
話になりません。
非常に厳しく、辛い1年を覚悟しなければなりません。
書き出すと、全てのプレーについて書く事になると思うので止めておきます。(笑)

(6年生チーム)
おつかれさまでした。(爆)
それぞれに、自分のプレーが出来たと思います。
最後(ラス2?)だからって、別人になれる訳ではないですからね。
今の自分の大きさが昨日の結果なんですよ。
それを、しっかり受け入れて、今後に活かしなさい。

ちょっと解説しとこ~っと。

最終回、3-2でリード。
リンクの状況で、勝てばタイブレーカー、負ければリンク敗退。
当然、勝つしかない!
相手の攻撃を抑えれば勝ちの場面でした。
先頭打者を四球で歩かす。(笑 ここがM井君らしいのだけど…)
相手強攻策!
えっ? と思ったけど、考えたら、新町さんも勝たなければ(引分け)でも敗退となるわけだから…
当たり前の攻撃ですわな。
「考えろ!」といい続けた僕がボーッとしてました。(辛い思いは引きずりましたが…)
ポイントはここでしたね。
送りバントの確率80%くらいなんて素人感覚で。(爆)
バント守備体制を敷く野手に何も言わなかった自分が恥ずかしい。
前進守備のショートの横に内野安打。
ゴロで進められて、2、3塁(ワンアウト)となった訳です。

で…  敬遠して「満塁策」としました。

普通はしませんよね。
その試合に引分けやタイブリーカーがあるのなら。
ただ、昨日の場合、「引分け=負」の状況でしたから。

満塁にした理由は…
ホームがホースプレーになる事によって、内野手を若干下げて守らせる事が出来るからです。
野手をさげれば、当然ヒットゾーンも狭まるわけで…
相手は下位打線、うちのM井の力から考えて、三振と内野ゴロで抑えられるミツションでしたが…

「押出し」(笑)

でもね…

僕は初めて、この選手達を信じたんだと思います。
絶対抑えてくれると思ってましたから、珍しく。
この種のプレイをやっても、いつも疑ってたし、失敗しても「やっぱお前達は使えん奴や!」と罵倒するだけでしたから。
ただ、昨日はうまくいく気がしたんです。

だって「彼らの目」が。
「引分け=負」という事も、敬遠した理由も、自分が求められている事も…
「全てわかっている目」をしていましたからね。
ちゃんと「考えるソフトボール」をやってくれていました。
僕が彼等を信じ、彼等が僕を信じてやったプレーですから満足しています。
成功するしないではないのです!
その時ちゃんと考えた動きをしたか、しなかったのかなのです。

こんな事(感じる事)なかったから…
負けて悔しがらない僕は、本当の僕ではないですが。
まぁ、そんな時もあるでしょう。

寒い中の大応援団に感謝いたします。

なお、タイトルと内容は殆ど関係ありません。(笑)
書き出し…
負け惜しみみたいな事を書こうとしてたものですから。















スポンサーサイト
08:30  |  未分類  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.21 (Wed)

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。

昔の人はよく言ったものだ。
1月も既に中旬を過ぎ、地域によっては、6年生引退のチームも少なくない。
大体、「屋形原ライオンズ杯」がラストになるのかな?
「最後は自分の好きなポジションで良いぞぉ~」なんて感じで…。

この時期、選手や保護者に加え、指導者の交代も行われる。
「自分の子供と一緒に卒業」なのである。
皆、残りの試合を指折り数えながら…
精一杯楽しもう!
悔いの残らないようにしよう! と頑張る。

僕に出来ること。
何年も僕を支え、チームに協力してくださった保護者の皆さんや、
時に暴力的であつたり、ある時は嫌みったらしかったり接して来た選手達に…
僕が出来る事があるだろうか?

毎年の事ではあるものの、この時期の練習試合は「新チーム」ばかり。
6年生のみグランドで練習させる事が多い。
気持ちも状況も6年生から5年生中心へとシフトして行くんだけれど…
それが結構辛いんですわ。(笑)
6年生も大事にしたい。とは言え、新チームも遅れをとるわけにはいかない。
本当に辛い時期ですね。

良い思い出をつくってあげたい。とは思うものの…
「良い思い出って?」
「負けて悔いが残らない?」 そう思うのであります。


だから、最後まで勝ちに拘ります!
目一杯 勝ちに行きます。
「嫌らしい」とか「人が嫌がる」作戦で、バンバン行きます!(爆)
最後まで、那珂南イズムを貫くことに決めました。
それが、指導者として僕が出来ることだと思うからです。

彼らにとって、僕は通過点。
ストーリーを完結させる必要もないし、無理に盛り上げる事はない。
今まで通り…

そう、今まで通り。


23:42  |  未分類  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.18 (Sun)

空気を読んでも、口に出さなければ、風はおこらない。

腕が痛くて目が覚めた。
流石に泥酔状態での3ゲームは無謀だったようで…。
「なんて? ボーリング? 信じられん…」
「3ゲームも?」 などと言われつつ。
気付けば、腕はパンパン、中指の爪はボロボロでございます。

それにしても、久し振りに開拓した 「香椎東亭」 「和亭」は良かった。
焼き鳥の1つ1つにしっかりとした味があるし、佐賀牛をマスタードで喰らうなんて最高!
料金もリーズナブルで、那珂南父軍団の「お気に入りの店リスト」の上位に来る事確実です。

上の写真が変わったんですね。
当時の「最強 那珂南4年生軍団」復活、勢揃いと言った所でしょうか?
タケシの身長と声変わりには驚いたけど…
知らないうちに立派な利翔のキャプテンに成長していました。
味方エラーにタイムを要請し、仲間を集めて落着かせる…
なかなかタイムリーな配慮(気配り)が2年間の努力を物語っていましたね。

そうそう、今日は土曜会の「王様の中の王様」を決める大会でございました。
「King of king tournament」である。

1回戦、対 「利翔Jrさん」
利翔さんは4番で守りの要であるショート君をインフルエンザで欠いていましたから…
序盤、エース君のコントロールが定まらない時期に得点出来、見た目、比較的優位に試合を進める事が出来たのですが、なんせ、ここ最近「貧しい那珂南打線」である。
さぁ… まともなヒットがあっただろうか?
元来、1試合目の打撃陣に期待はしていないものの…
ここまで腐ると辛くなる。
「結構皆当たってますよぉ~」と言っていた森コーチが嘘付きに思えた試合でした。

2回戦、対 「愛宕浜ベアーズさん」
「また延々と“貧打戦”が続くんかいな?」と心配しつつ、プレイボール。
何気に1番に据えたK畑君が、いきなりライトオーバーの3塁打!
フレンドシップだったら、警戒に警戒される「油布スクイズ」ですが、下駄男君は一本気!
しつこく転がして、なんとか先取点を奪いました。
愛宕浜打線は、相変わらずM井に苦手意識があるようで、恐怖の打力・走力は影をひそめておりました。
4回に追加点を入れた所で勝利を確信しましたが、未だに、何故M井の球が打たれないのかは不思議です。

3回戦、対 「千早西クラブさん」(勝てば、ベスト4進出です。)
どうも、今年の千早西には勝てる気がしなくて…(笑)
振ってもバットに当たらないのだから、話にならない。

ポイントは1つ。
実に判り易いゲームでしたね!

(長いよ 笑    解説。)

両軍無得点で迎えた5回表、千早西の攻撃。
打順は5番から。

(ここからは、僕の頭の中)
3者凡退で終わって、5、6、7だから…
よし、次の回、タイブレーカーになったとしても、7番がセカンドランナーで、8番がバントして、9番バッターと勝負。
2アウト3塁で1番と勝負だな…  
よし、うまく行けば、0点に抑える事が出来る!

だから、絶対3者凡退で終わる必要があったし、M井は調子悪いにしても、下位打線を抑える事ぐらい簡単だと思ってました。
都合良い事に、5~6球で2アウト。
今思えば、このタイミングでタイム取って、1呼吸おけば良かったかな? と思います。
大事な1アウトなんだから…。

7番バッターに対しても、カウント「0-2」で追い込んだ。
慎重に慎重に! がセオリー。
が、しかし、3球勝負で簡単に攻撃を切り、逆に最終回裏の自チームの攻撃に「流れを呼び込む」と言う考え方もあるわけで…
別に慌てた勝負ではなかったと思う。
「下位打線への無用な四球」で怒り続けたバッテリーが、早めの勝負を選択したのかも知れない。

結果、甘く入った勝負球をレフト戦へ2ベースされたけれですが…
当然痛かったんですよ。
打たれた事っていうか、打順が1つ進んだことが…
次のタイブレーカー、9番から始まっちゃう!
1アウト、3塁から、1番の攻撃にしてしまったじゃないか!
(と、タイブレーカーの事ばかり考えていた僕の未熟さが、適切な指示を出せなかった原因ですね。)

8番に代打。(16番君だったっけ?  いつも代打で出てくる大柄な…)
1球目の空振りが、あんまりタイミングが取れてなかったものだから…(笑)
皆の気持ちが、大丈夫、大丈夫! みたいになっちゃって。
早い段階で勝負出来れば、この回を無失点で終わることは出来たと思う。
ただ、カウント「3-2」にしちゃった。(爆)
5球も見せたら、たとえ代打の選手でも、目が慣れてきますわな。

いやぁ~な予感はしたんですよ、「3-2」になった時点で… あの子。
ただ、歩かしてしまうと、9番までまわってしまって
僕の「タイブレーカー構想」が…(笑)
試合が決まってもないのに、タイブレーカーで頭が埋まってしまった、僕の間違いです。
確かに迷いました。
3-2の場面、ストライクで勝負させるか、ボール球を投げさせるか?
この日1番の迷いです。
塁を埋めて9番勝負への未練を残しつつ、勝負に行かせたんです。

結果、タイムリーを打たれたんですわ。
痛烈にセンター前へ。

采配ミスだと思います。
すべての采配には意味があり、単純に「勝った」「負けた」では終われない勝負の面白さがあるわけだよ、らっこさん。
歩かすか、勝負するか?
その迷い(迷う事が“負につながったのではないが…”)が、指示に反映しなかったと言う事。
思っている事を口に出せ! と常々言いながら、実行しなかった自分が悪い。

逆に、「ここが勝負!」
と、タイブレーカー時でも良かった、代打1番手を、あの場面で出してきた近藤監督は流石だ。
「勝負時」を冷静に判断していたわけです。
まだまだ勉強が足りない僕です。
先を考える前に、今だよ!


まぁ、そんなように、勝敗のポイントがはっきりした、ナイスゲーム!
という整理でよろしいですかね?

じゅごんさん。(笑)








04:05  |  未分類  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.11 (Sun)

空気を読むことが風を生み、流れを引き寄せる。

感覚的なものも必要だと思うんだ。
そりゃぁ技術が高いに越したことはないけれど…
試合経験も練習量も少なかった、新チームには、先ず「ミスをしない事」を教えて行くことにする。

何時彼達はミスをするのか?
守備面で言えば、「プレーの選択肢が増えた時」だと思う。
ランナーがいない場合に比較的ミスは少ない。(この場合はエラーですけど…)
これが1人ランナーが出ただけで、守備位置が変わり、守備のサインが出、打球によって送球するベース変化するわけで… 結構難しいんだけど。

野球(ソフト)って、都合が良い事に、間があるんですよね、ピッチャーの投球間や、タイムだって取れる。
だから、“考える時間”があるんです。
いつも言っている、『自分で考えなさい!』

1番か2番を打っている左打者は、当然セーフティーの可能性が高い。
だからサードとレフトは前進守備を取る。
足を活かそうと、三遊間を狙う選手が多いので、インコースのボールも効果的。
意識して四球で歩かすのは最悪、ミート中心の選手が多いので、アウトコースでも高めは危険となる。
3番、4番、5番の中心打者には当然、ホームランが心配。
2ベースか3ベースに止める事が何より大事。
(ヒットなんて、2本も3本も続き事なんて滅多にないから…)
体格があり、フルスイングして来るバッターへの初球は危険、甘く行くと怪我をする。
逆に淡白なタイプが多いので、1球目はボール玉が効果的。
下位打線を、全て三振とれる実力があるならいいけど…(笑)
そうじゃない場合は、格好付けて三振を狙うより、1~2球目を打たせて、内野ゴロを狙う。
クリーンアップは別にして、四球が命取りになる場合が多いからです。
中心打者の前にランナーを溜めない!
2アウトで迎えた、8番、9番打者は絶対出塁させない。 は、鉄則です。

最低限、この位考えてくれれば大丈夫。
出来る、出来ないではない。
“考えているだけで大違い”
少し守備位置を変えるだけでいい。
一言、思っている事を、感じた事を“口にする”だけで良い。
それで随分変わるし、単純なミスは防げる気がするんだけどなぁ?

こんな場面で、監督は何て言うかなぁ?
ん? このバッターの前の打席は確か… など、
何か感じて、考えて欲しいのです。

場面場面の空気を読んで欲しいのです。
自分が何をするべきかを考えて欲しい。
とにかく、それを声にする事!
皆が同じ方向を向いた事により、那珂南向きの風が生まれる。








18:51  |  未分類  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.04 (Sun)

那珂南2009始動

いよいよ今日から那珂南の2009年が始まります。
6年生は、残り数ヶ月となったクラブ生活に悔いのないよう頑張る事を誓い
5年生以下は、メインとなる「このシーズン」を期待と緊張で迎えた事でしょう。
選手だけでなく、保護者の方々におかれましても同様の事と思います。

年度の入れ替わりは2月末となりましたが、皆新たな気持ちで頑張って欲しいと思います。
6年生は、今まで教えて来た事を繰り返し練習すれば良い。
技術や体力は確実にアップしているのだから、バッティングにしても守備にしても『精度』を高める事に努力して下さい。
次のステージを見据え、しっかりと!(そ~言う意味では大事な期間だと思います。)

さて、5年以下(特に新チームでレギュラー争いをする子達)が問題です。
まず、僕の性格に慣れていただきたい。
それは… 短気とか負けず嫌いとかの性格ではなく(爆)、ソフトの性格の事!
どんなサインが出るのか?
また、サインがどんなタイミングで出るのか?
このケースでいつも何を言っているのか? 等々です。
守備でも攻撃でもサインプレーが出来なければ試合で使いません。

全体的な方針は変えません。

3項目

①自発的な選手
②予測と準備が出来る選手
③カバーの精神を持った選手

以上3点を今年も追求して行くことになります。
僕の永遠の指導方針ですので変わる事はありません。
多少上手い下手はあっても、この3項目を追求し実践しようと努力する事で、ある程度のチームは出来上がると考えています。
勝つ為には、『頭』と『足』なのです。

3月までは、今までに例のない程の厳しい練習を考えています。
試合経験の少ない今年の子供達には練習試合が効果的にも思えますが…
あえて基本を徹底的に教えます。
内容よりも、結果よりも「数をこなす」ことで、全体的なレベルアツプを目指します。

目標は…

①フレンドシツプリーグ3位以内

②県大会出場(全日本、西日本、九州)



最後になりますが、
保護者の方々には毎年ご迷惑をおかけしておりますが、今年もよろしくお願いいたします。
当然ですが、クラブ運営は保護者のご協力がなければ成り立ちません。
また、皆さんが1つになっていなければモチベーションも上がらない。
選手の技術、指導者の手腕も必要ですが、チーム全体としてのムードが一番大事だと常々感じているところです。

選手、保護者、指導者、OB、地域の皆様…

いわゆる『那珂南ファミリー』なのです!

以上、私も全力でやり抜きます!
皆さんの手で
皆さんの気持ちで「2009年の那珂南」を作り上げましょう。


08:26  |  未分類  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2009.01.02 (Fri)

新年のご挨拶を申しあげます。

明けましておめでとうございます。
毎回、しょ~もないブログを見てくださり、心から感謝しております。
今年も全然タイムリーにはアップ出来ませんが、極力努めて参りますので、よろしくお願いいたします。

で、先程帰省先(大分県大分市)より帰ってきました。

30日は荒尾会(って勝手に名前つけてんだけど…)に行ってきました。
そう、1年に一度お伺いしています。
今年は4時から飲みました。(笑)
お好み焼き屋さんで飲んで、居酒屋行って、場末のスナック(爆)へのフルコースぴょん!
1人で帰る列車は寂しかったけど、どっぷり満喫させていただきました。
釣吉君、ありがとう!

31日に帰省。

飲んで

寝て

起きて

飲んで

食って

飲んで…

もう入りません。

サウナ行って、アルコールを全部飛ばしたい気分です!



さて、新年を迎えたわけです。
2009年、最初のブログですから、今年の目標やら、新チームの構想なんかを書くと
「さすが、らっこらん」となるわけですが…

年賀状書きと、掲示板の返信で疲れ果ててしまいました。
掲示板は携帯電話からチョコチョコ返信していましたが、年賀状はそんなわけには行かず…
懸命に書いておりました。
(年賀状って、なんで書いてない人からばかり来るんだろ? 会社関係も、何故って人から来る。)
各チームの掲示板やブログにもお邪魔して、「新年のご挨拶」をしなくてはならないのに、ごめんなさい。
ちょっとパソコンから離れます。

また明日!

今年も宜しくお願いしま~す。
23:38  |  未分類  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。